総量規制対象外 カードローン 借り換え

1.総量規制対象外のカードローンは借り換えにピッタリ!

消費者金融からお金を借りる際、貸金業法総量規制がネックとなって希望している額の借り入れができない可能性があります。
総量規制とは、「顧客の年収の3分の1以上の額の貸付をしてはならない」とする制限のことで、これがあるため専業主婦は原則としてノンバンク(消費者金融や信販会社などの総称)系貸金業者からお金を借りることができません。
そこでオススメなのが、総量規制対象外の業者、つまり銀行系カードローンを利用することです。
銀行から融資を受ける場合には総量規制は関係ないため、無収入の人や、年収以上の額の融資をしても法的に問題はありません。

 

1-1.借り換えに特別な審査はある?

借り換え目的だからといって特別な審査項目はありませんが、注意点として申込時に借り換え目的、借入先の一本化が目的である旨は伝えた方が良いでしょう。
借り換え目的という事は、申込時には借入件数、借入総額がそこそこあるはずなので、申し込みをする理由を伝えなければ審査に不利になる、あるいは審査自体を受けさせてもらえない可能性があります。
また、借り入れ先一本化が目的である場合には希望融資額がかなり高くなってしまうこともあるのですが、あまりにも高い上限額を希望した場合にも審査には通り辛くなってしまいます。
そういったリスクを減らすためにも、事前に借り換え目的であることを伝えておくことは重要です。

 

1-2.専業主婦でも借り換えできるの?

借り換え目的であっても、通常のカードローン利用が目的であっても契約時の審査自体に違いはないため、上限額までであれば専業主婦であっても借り換えは可能です。
ただし、専業主婦向け銀行系カードローンの場合には上限額が30〜50万円に設定されていることが多いため、借入総額、借入件数次第では一気に一本化にすることは難しいかもしれません。
その場合には、銀行系カードローンではなく、配偶者貸付制度を利用してノンバンク系カードローンで借り換えをする方法もあります。
配偶者貸付であれば世帯収入によって上限額が決まるので、借入先を一社だけにすることもできるかもしれません。

2.借り換えのメリットは?

借換えは、複数ある借入先を一本化することですが、まだカードローンを使い始めて間もない人、現状の上限額で満足している人は考えたことがないことだと思います。
それはそのはず、借換えというのは「もっとお金を借りたい!」、「低金利で借りたい!」、「返済を簡単にしたい!」、など、現状の融資に不満があり、「もっと〇〇がしたい!」という時初めて考え出すことだからです。
借換えをすればこのような希望が叶う可能性があるため、借換えのメリットは非常に大きいと言うことができるでしょう。
では、具体的に借換えにはどのような利点があるか一つ一つ見ていきましょう。

 

2-1.低金利で利用できる

一番の利点として挙げられるのが、低金利で融資を受けられるようになるという点です。
単純に、上限金利が18%のところから16%のところに借り換えをすれば、金利手数料として取られる毎月の額が2%も減ることになります。
また、複数の金融機関から融資を受けている場合にも、借換えをすることで低金利でお金が借りられる可能性があります。
年利は金融機関によって大きく異なります。
ある業者は高かったり、ある業者は金利が低かったりと様々です。
それら複数社からお金を借りている場合には、低金利の業者に借入先を一本化することで低金利でカードローンを利用できるようになるでしょう。

 

2-2.複数の返済をまとめることができる

低金利でお金が借りられるというメリットにも似ているのですが、複数の借入先をまとめ、返済を簡単にすることもできます。
複数社のカードローンを利用していると、一つ一つの返済期限を覚えなければいけないためとても面倒な場合が多いです。
これを毎月毎月繰り返していくことは、思っている以上に大変ですし、精神的なプレッシャーにもなってしまいます。
そのような場合、借入先を一つにすることで複雑な返済を簡単にすることができます。
借入先が一本化されれば、返済も月1度ですみますから、返済日を忘れる可能性が低くなります。
また、「口座の残高は足りていたかな?」といった心配も減るでしょう。

 

借入 まとめ

3.借り換えのデメリットは?

借換えに関して、上手に使えばメリットのみでお金を融資してもらえるようになります。
低金利、返済の簡潔化、高利用限度額、など利用者からすれば嬉しいことばかりの様に思えてしまいます。
しかし、あまり考えずに借り換えをすると、思わぬデメリットに気付くことになりかねません。
借換えを上手に利用するためには返済計画を立てたり、借換え自体のメリット、デメリットを考えておくことが必要不可欠です。
では、借換えをすることのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

3-1.返済期間が長くなる

借換えをすることで金利は低くすることができますが、そのままの返済額で進めていると返済期間が長くなり負担が増えてしまう可能性があります。
例えば、A社から2万円、B社から3万円、C社から5万円を借りていたとして、D社に借り換えをして借入先を一つに纏めたとします。
利息は別として月々約1万円ずつ返済したとすると、A社は2ヶ月、B社は3ヶ月、C社は5ヶ月程度で完済に至ります。
しかし、借入先を一つにして同じ金額の1万円ずつ返済すると、完済までに10ヶ月かかってしまいことになります。
返済期間が長くなってしまえば、それだけ利息として支払う額も高くなってしまうため、借換えをする場合には返済額の見直しをすることをオススメします。

 

3-2.利息の支払いが増える

上述したように、返済額に関して考えなしに借り換えをしてしまうと返済期限が延びてしまい、結果として利息の支払いが増えてしまいます。
これを避けるためには、約定返済に加えて随時返済を併せてしていく必要があります。
約定返済とは、「毎月定められた期日までに一定額を返済する」という返済方法で、必ず月に1度は返済しなければなりません。
一方、随時返済というのは、約定返済以外に自分の好きなタイミングで返済する方法です。
一般的に言われるボーナス一括払いや、いわゆる臨時返済もこの随時返済に該当します。
せっかく借り換えができたのですから、早く完済して最終的な利息額も減らしていきましょう。

4.総量規制対象外で借り換えカードローンを選ぶ時のポイント!

総量規制対象外となっているのは銀行系カードローンのみです。
そのため、専業主婦は配偶者貸付制度を利用しなければアコムやプロミスといった消費者金融を利用することはできません。
従って、専業主婦でも利用できる銀行カードローンの中から選ぶことになるのですが、意外とどのカードローンを選ぶべきか迷ってしまうという人も多いのです。
というのも、専業主婦向けカードローンは、配偶者の会社への在籍確認などが免除となる代わりに利用上限額が低かったり、金利が消費者金融のものと変わらものもあるからです。
専業主婦であっても一般利用者と同条件で使えるカードローンも一部存在するため、これらを選ぶことが最大のポイントです。

 

4-1.現状より金利が低くなる事が絶対条件

銀行系カードローンを選ぶ際に先ず見てほしいのが、「上限金利」です。
専業主婦がカードローンを利用する場合には、一部条件を除いてほとんどの場合には上限金利での融資になるからです。
そのため、借換えが目的の場合にはその銀行カードローンの上限金利が、現状よりも低いものを選ぶことが重要です。
上限金利と聞くと、「どこもそう変わらないんじゃないの?」、と思われがちですが、極端な場合には5%も異なる場合もあります。
例えば、オリックス銀行カードローンでは上限金利が17.8%ですが、同じ銀行系である、じぶん銀行カードローンの場合には上限金利が12.5%です。
上限金利が低くなれば、低くなるほど利息として持っていかれる金額も少なくなるため、できるだけ低金利の銀行を選びましょう。

 

4-2.総返済額を抑えるための返済計画を立てる

首尾よく上限金利が低い銀行へ借換えができたとしても、しっかりとした返済計画を立てなければなりません。
だらだらと返済を続けていると、結局のところ総返済額が増えてしまうことになります。
返済計画を考える際、具体的には月々の返済額、随時返済の有無、最終的にかかる金利、返済期間を考えることが重要です。
返済計画を考えると言っても、専門用語などが分からない人にとっては非常に難しいことの様に思えるかもしれません。
しかし、現在では各金融機関のホームページに金利計算、返済期間計算などをしてくれる計算機が置いてあるため、これらで返済シミュレーションをすることで、簡単にしっかりとした返済計画を立てることが可能となっています。

 

4-3.借り換え目的のオススメカードローン

最後のまとめとして、専業主婦にオススメできる借換え先を紹介したいと思います。
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンイクイック」は金利が低く、専業主婦であっても比較的高限度額で融資を受けることができます。
しかし、審査が厳しいという話しも聞くため信用情報などに傷がある場合には難しいかもしれません。
審査が比較的緩く、金利も低いカードローンとしては、楽天銀行スーパーローンがあります。
楽天銀行口座を持っている場合には審査時に優遇されるため、楽天ユーザーに特におすすめなカードローンです。