カードローン 返済

1.カードローンの返済の仕組みを徹底解説!

初めてのカードローンの利用となると何かと不安になってしまいますよね。
その不安の理由は、知識がないことにあります。
カードローンに対しての知識があれば、初めての利用でも、比較的不安を感じることなく利用できるものです。
ここでは、初めてカードローンを利用したいと考えている人の不安を解消するべく、基礎的なカードローンの返済の仕組みについて解説したいと思います。
カードローンの返済方法にはいくつかの種類があり、自分に合った返済方法を利用することでより便利に利用することができます。
返済の仕組みをしっかりと理解した上で、カードローンを利用していきましょう。

 

1-1.約定返済と随時返済とは

約定返済とは毎月の指定日に返済をしていく方法で、「返済」と聞いて誰もがイメージする返済方法です。
携帯電話の料金も毎月同じ日に支払っていますよね。
その支払いと同じように返済をしていく方法のことを言います。
随時返済とは、任意で返済をする方法です。
ボーナスが入ったり、予定していた出費がなくなり、手持ちに余裕のある時があります。
このような時に少しでも早く返済するために利用できるのが随時返済です。
約定返済は、必ず指定した日に支払うことになるのですが、随時返済では、いつでも返済可能です。
カードローンの利息は決して安いものではありません。
少しでも早く随時返済を利用して完済することが最も賢い利用法です。

 

1-2.返済の遅延を防止できる便利な口座引き落とし

一般的な返済方法として指定口座からの引き落としがあります。
口座引落のメリットは、支払い遅れを防止できるという点です。
口座にお金さえ入れておけば、返済日に必ず引き落とされることとなり、返済の遅延を防止できます。
当たり前のことなのですが、カードローンを利用する上で返済に遅れないということはとても重要なことです。
返済が遅れてしまうと、信用情報に傷がついてしまうことがあります。
この信用情報は、カードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローンにも影響を及ぼすことから、お金を借りるうえで最も注意しておきたい点でもあります。

 

1-3.その他の返済方法について

口座引き落とし以外では、ATMやインターネット、窓口での返済や口座振り込みなどがあります。
ATMでは、どこの金融機関でも自社のATMだけでなく提携ATMを利用することができます。
ローソンATM、セブン銀行ATMなど、どこにでもあるコンビニを利用でき、システムメンテナンスなどの時間を除けば365日24時間利用可能なのが大きなメリットです。
また、インターネットバンキングを利用しての返済も外出する必要がないので便利です。
この他、店頭窓口でも返済ができます。
ネット銀行ではなく、店舗を構えている銀行なら窓口を利用して返済もでき、もし不安や疑問点などがあればその時に聞けるというメリットもあります。
近くの銀行ATMを利用して口座振込もできます。
ただし、口座振込による返済は手数料が高いところが難点です。

2.返済に便利!atmの有効活用

口座引き落とし以外の返済方法で便利なのがatmを利用する方法です。
銀行によっては、このatm手数料を無料としているところもあり、手数料を気にせず気軽に利用できるのも大きなメリットです。
コンビニatmは全国にあることからも、出張や旅行、帰省の時でも、急にお金が必要になったときにいつでもお金を借りることができます。
旅行や出張など、普段行き慣れない場所では何かとトラブルも多く、急にまとまったお金が必要という時もあります。
手持ちのお金がないという時には不安になってしまいますが、コンビニatmが利用できることで、そんなピンチも簡単に解消することができます。

 

カードローン 返済 ATM

 

2-1.atmの主な設置場所について

大手銀行のカードローンを利用しているなら、その銀行に設置されているATMをカードローンの返済に利用することが可能です。
ただし、このような自社ATMは、銀行休業日は利用できなかったり、利用可能時間が設置場所によって異なるため、事前の確認が必要となります。
その他、大抵のカードローンは自社ATM以外に提携ATMが利用できます。
提携ATMとして代表的なものは、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニATMです。
コンビニATMなら日本全国どこにでもありますし、営業日であれば24時間利用できるものが多いため、返済の際は重宝します。
もしもATMでの返済をお考えなら、利用するカードローンの公式サイトを確認してみましょう。
自社ATMや提携ATMの設置場所、利用可能時間や手数料などが詳しく明記されているはずです。

 

2-2.atmの操作方法は簡単!

初めてATMを利用するという時には、上手く利用できるのかと不安になる人も多いと思います。
利用するATMによっては表示される内容に違いが出るのではないか、何度も失敗すると恥ずかしいなど、様々な不安がよぎりますよね。
しかし、普通預金口座からキャッシュカードを利用して銀行からお金を引き出すように、とても簡単な手順で利用できるので安心してください。
どのATMを利用したとしても、ローンカードを入れると専用の画面が表示されることになります。
後は、その画面の指示に従って借りたい分の金額を入力したり、返済に利用するだけです。
普通預金口座を利用する時と同じように、借入や入金、借入残高なども確認できます。

 

2-3.気になる端数の支払い方は?

ATMで返済を続けていると、最後にはどうしても1000円未満の端数が発生してしまいます。
コンビニATMは小銭を取り扱っていないため、こういった場合どうやって返済したらいいのかと悩んでしまう人もいるかもしれませんね。
しかし、銀行ATMは小銭が利用できますから、最後の返済はコンビニではなく利用している銀行のATMを利用すれば返済をすることができます。
では、ネット銀行ではどうなのでしょうか?
ネット銀行の場合、その銀行の口座開設を利用条件としているケースがほとんどです。
そのため、口座引き落としで返済を行っていればこのような心配をする必要もありません。

3.カードローンを早く返済するコツ!

誰も無駄な利息は支払いたくないものですよね。
特に家計を預かる専業主婦にとって、利息というのは大きな問題です。
通常、支払利息を減らすために、金利の低いカードローンを利用すれば大丈夫だと思ってしまいます。
しかし、完済するまでの利息支払いを抑えるには、返済の仕方も非常に重要と言えます。
どんなに金利が低くても、返済期間が長いのであれば、どうしても支払う利息は増えることになります。
多少金利が高いカードローンでも、すぐに完済をしてしまえば支払う利息は少なくて済むということです。
そこで、しっかりと借りる前に利息計算をしてみましょう。
どのくらいの期間借りると、どのくらいの利息がかかるのかを知ることで、早く返済しなければという意識が働き、お得にカードローンを利用ができます。

 

3-1.カードローンの返済期間の目安は借入をしてから6?10年

仮に高額な融資を受ける場合でも、借入から6〜10年を返済期間の目安として下さい。
その上で、返済期間から逆算し、毎月の返済金額を決めることが重要です。
カードローンのメリットには、毎月の返済額が少ないということがあります。
毎月使えるお金が少ない専業主婦にとっては、この返済額が少ないことは大きなメリットです。
しかし、返済額が少ないということは、返済期間が長くなるためそれだけ利息も多く支払うことになります。
借りる前に利息を計算して、余裕があれば随時返済をするなど、計画的な返済をしていきましょう。

 

3-2.事前にシミュレーションで返済額を計算

計画的な返済をするといっても、どうしたらいいのか分からないという人も多いはずです。
計画的な返済をしていくためには、まず家計のことをしっかりと把握しておきましょう。
どのくらいの余裕があるのか、何を削れば返済にあてるお金が捻出できるのかなど、しっかりと家計のことを見直す必要があります。
そして、そのことと同時に、利息のことも把握しましょう。
返済期間が長ければ多くの利息を支払うことになると言われても、どの程度違うのかと思ってしまいますよね。
その利息計算などで便利なのがシミュレーションツールです。
銀行によっては、公式サイトでこのようなツールを提供しているので、まずは利用する前に利息計算をして、しっかりと返済計画をたてましょう。

 

3-3.余裕がある時は随時返済!

どんなに計画的に利用していても、急な冠婚葬祭によって出費が必要になることもありますし、病気や事故などに見舞われることもあります。
そんな時にぎりぎりの返済を続けていたのでは、そのような急な出費に対応することができません。
カードローンが便利なのは、このような急な出費に対応できることです。
毎月の生活費に余裕がなく、急な出費でカードローンを利用した時には、できるだけ早く完済することが大切です。
約定返済だけを続けるのでなく、随時返済も上手く利用して早く完済することで、利用限度額にも余裕ができますし、無駄な利息を抑制することにもつながります。