専業主婦 カードローン 在籍確認

1.専業主婦のカードローン審査に在籍確認はある?

専業主婦であっても急にお金が必要になることはありますよね。
そんな時に便利なのが用途自由のカードローンです。
でも、カードローンというと、収入が必要なんじゃないか、在籍確認が必要なのではないか、などどうしても不安になってしまい利用を躊躇してしまいがちです。
しかし、専業主婦が専業主婦向けカードローンを利用する場合に関しては、夫に内緒で利用したい人たちのニーズに応えて、配偶者にバレてしまわないよう様々な面で配慮されていることが多いです。
では、まずは専業主婦向けカードローンの在籍確認、そして本人確認電話について説明していきましょう。

 

カードローン 専業主婦 在籍確認

 

1-1.原則として専業主婦は在籍確認なし!

専業主婦向けカードローンを利用するのであれば、原則として夫の会社への在籍確認電話は不要であることが多いです。
もちろん、これは各金融会社毎に扱いが異なるため一応チェックしておきましょう。
専業主婦利用者の多くは夫に内緒でカードローンを利用したいと考えています。
そのようなニーズに応え、専業主婦も顧客として取り込むために夫の勤め先への在籍確認電話を免除にしています。
ただし、在籍確認による裏付けが取れないということは銀行にとってもリスクでしかないため、リスクを軽減するために専業主婦向けカードローンは利用条件がやや厳しめになっています。

 

1-2.本人確認の電話へは対応が必要

夫の勤務先への在籍確認電話はありませんが、利用者本人への本人確認電話はあります。
この電話は、申し込みの際に指定した電話番号にかかってくるため、自宅電話でなくとも携帯電話でも可能です。
自宅電話を指定してしまうと、誤って夫が電話を受けてしまった場合にカードローンの利用がバレてしまう可能性があるため、内緒で利用をしたいのであれば携帯電話を指定した方が良いでしょう。
また、銀行によっては事前に本人確認電話の時間指定もできるため、併せて確認しておくと良いでしょう。
本人確認では何を聞かれるのか、特に初めてカードローンに申込をする人にとっては未知の領域だと思うので、この点について少し説明していきましょう。

 

1-3.本人確認って何を聞かれる?

本人確認電話と言うと少し難しいような気もしますが、実際のところ、電話で聞かれるのは生年月日、氏名、そしてカードローン利用契約を結ぶ意思の再確認のみ。普通に対応すれば大丈夫です。
また、専業主婦専用カードローンでは、一般利用者向けカードローンでは聞かれないような配偶者の氏名、生年月日、勤め先の確認も加えて行われることもあるため、事前に対応できるようにしておくと安心ですね。
本人確認が済めば次は借入ですが、これに関しては2通りの方法があります。
一つは、専用カードを窓口や自動契約機で受け取り融資を受ける方法。
そしてもう一つはカードを送付してもらうが、カードが届く前に指定口座への振込という形で融資を受ける方法です。
後者の方法であっても融資条件は同じであるため注意しましょう。

2.夫に内緒でカードローンを利用するには

夫に内緒でカードローンを利用したいのであれば注意しなくてはいけない点がいくつかあります。
1つ目はローンカードを郵送で受け取らない事。
2つ目に、WEB明細を利用して無駄な郵便物が自宅に届かないようにする事。
そして3つ目に、返済を滞らせてしまうことは絶対に避けるという事です。
この3点に気を付ければ夫バレのリスクを大幅に軽減することができるでしょう。
ただし、カードを絶対に見られないようにするなど常に注意をしておくことは必要です。

 

2-1.ローンカードの受け取りは窓口か自動契約機で

ローンカードを郵送で受け取ろうとすると、夫が受け取ってしまいカードローンの利用がバレる可能性が上がってしまいます。
これを避ける方法として、直接専用カードを受け取る方法があります。
つまり、審査結果の電話連絡を受けて一通りの説明が終わった後、ローンカードを郵送ではなく直接窓口、あるいは自動契約機で受け取りたい旨を伝えます。
ただし、消費者金融の場合は自動契約機を設置してあることが多いのですが、銀行カードローンの場合は自動契約機がないケースもあります。
具体的に、銀行カードローンで自動契約機を設置しているのは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなど一部のカードローンに限られます。
仮に自動契約機のない銀行カードローンの場合には、郵送以外の方法ではカードの受け渡しをしていないところがほとんどです。
受け取り方法に関しては、各銀行のカードローンページに説明があるため事前に確認しておくと良いでしょう。

 

2-2.キャッシュカード一体型のカードを選ぶ

専用カードを持つという事は、それだけで夫バレしてしまうリスクになります。
そのため、一番オススメしたいのがキャッシュカード一体型でカードローンサービスを提供している銀行を選ぶことです。
このサービスを使えば、既に持っているキャッシュカードを利用して対応ATMから融資を受けられるようになります。
カードの見た目も通常のキャッシュカードと変わりませんから、周囲に人にカードローンの利用を疑われる可能性は極めて低いと言えるでしょう。
大手であれば、みずほ銀行カードローンが専業主婦でも使えて、なおかつキャッシュカード一体型となっています。
ただし、一体型のものを使う場合にはその銀行に口座を開いておかなければいけないため注意しましょう。

 

2-3.WEB明細の利用で郵送物なし

便利なサービスの一つとしてWEB明細というものがあります。
WEB明細とは、既存のカードローン利用明細書の郵送を無くす代わりにインターネットから利用明細が見られるようになるサービスです。
明細書は一目でカードローンのものだと分かってしまうため、これを夫が受け取ってしまうと大変です。
現在であれば、ほぼ全ての銀行カードローンでWEB明細に対応しているため利用すると良いでしょう。
また、WEB明細にすることで借入の手数料を数回無料にしてくれるなどの特典が付くこともあるため一石二鳥です。

 

2-4.返済の遅延は絶対に避ける

夫に秘密でカードローンを利用している専業主婦であれば絶対にしてはいけないことがあります。
それが、返済の遅延です。
返済期日までに約定返済が行われないと、自宅へ督促状、催促の電話、極端なケースでは夫の勤務先にも電話がいってしまうようです。
こうなるともはや言い訳はできなくなってしまうため、返済遅延は絶対に避けましょう。
また、万が一返済期日に間に合いそうにない場合は、担当者に連絡を入れてその旨を伝えましょう。
少しであれば期限を延ばしてくれる可能性があります。
また、そうでなくとも無断で遅延するよりは印象も良いので、夫の勤め先への電話を待ってくれることもあるでしょう。

3.もしも夫に怪しまれたら

まとめると、専業主婦向けカードローンの利用であれば、最初に郵送で届く専用のローンカードと契約書類、本人確認電話、返済期限に気を付けていれば、それ以外の理由で郵便物が届けられることも無いため夫にバレてしまう可能性は低いです。
それでも、ふとした瞬間にローンカードを発見されてしまったりしてカードローンの利用がバレてしまう、あるいは怪しまれてしまう事も十分考えられます。
そのような場合にはどうすればよいのか?
もちろん、怪しまれないように利用できれば一番ですが、怪しまれた際の対処法について考えていきましょう。

 

3-1.事前に言い訳を用意しておこう

カードローンがバレてしまたり、怪しまれることはできるだけ避けたいですが、カードローンを利用している以上バレてしまうリスクは十分にあります。
使わない事に越したことはありませんが、そんな時に使える言い訳を一つ用意しておきました。
それは、「銀行のキャンペーンでカードローン契約をしたら無料で〇〇が貰えるから契約した。一定期間が過ぎたら解約するつもり。」と言っておくことです。
契約だけして借入はしていないと言えば特に問題ないですし、〇〇の部分は具体的なものを入れるとなお信憑性が増します。(黒毛和牛セットや楽天ポイントなど)
目が泳いでいたら怪しまれますが、これを堂々と言えれば特に怪しまれることはなく納得してもらえるでしょう。