総量規制対象外 カードローン メリット デメリット

1.総量規制対象外なのは銀行カードローン!

あまり考えたことはないかもしれませんが、実はカードローンには銀行系カードローンとノンバンク系カードローンの2種類があります。
大きな違いとして、ノンバンク系貸金業者からお金を借りる際には貸金業法総量規制がかかってしまいますが、銀行から融資を受ける場合には総量規制対象外となります。
総量規制の有無は、年収によってどれだけお金を借りることができるのか、そもそもお金を借りることができるのか、を決める重要な要素となるため注意が必要です。
お金を借りる際には、申込先がノンバンクなのか、それとも銀行なのかをよく理解した上でカードローン利用申請を出すようにしましょう。

2.銀行カードローンのメリット

基本的に、金利や融資限度額など融資条件が利用者に優しいのは銀行系カードローンです。
ノンバンク系業者は、審査自体は銀行カードローンよりも通りやすいと言われています。
しかし、その一方で金利が高かったり、利用上限額が低かったりと融資条件があまり良くないのも事実なのです。
もちろん、ノンバンク系カードローンにも無利息期間サービスなど、銀行カードローンには無い魅力もありますが、長期的な目で見れば銀行から融資を受けた方がお得な場合があります。
では、銀行系カードローンのメリットには、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

2-1.専業主婦も借りられる

銀行から借金をする場合には総量規制対象外となるため、自身に収入が無い専業主婦であっても借り入れをする事に法的な問題はありません。
しかし、銀行もボランティアでお金を貸しているわけではないため、一般利用者と同条件で専業主婦がお金を借りることができる銀行はまだ少なと言わざるを得ません。
とは言っても、ノンバンク系カードローンは総量規制の関係で専業主婦は利用することができないため、銀行系カードローンの中から利用するものを選ぶことになってしまいます。
専業主婦OK、と謳っている銀行カードローンであれば、審査に通る確率も高くなりますし、様々な配慮をしてくれるのでおすすめです。
全ての銀行カードローンが専業主婦への貸し付けを行っている訳ではありませんから、申し込み前には利用条件を必ず確認しましょう。
なお、配偶者貸付制度を利用すれば、専業主婦であっても消費者金融会社の利用は可能です。

 

2-2.低金利で借りられるから返済が楽!

ノンバンク系カードローンに比べて、銀行系カードローンの方が上限金利が低い傾向が見られます。
例えば、大手消費者金融系カードローン業者であるアコムは上限金利が18%に設定されていますが、同じく大手銀行である、じぶん銀行カードローンの上限金利は12.5%です。
金利が高いと言われている三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でさえ上限金利は14.6%です。
金融業者にもよりますが、消費者金融などと比較した場合、銀行系カードローンであれば3〜5%程度金利が低いのが一般的と言えます。
専業主婦の場合でも、上限金利18%で融資する銀行系カードローンはおそらくありません。
少なくとも、消費者金融よりは低金利で借りられるケースが多いでしょう。

 

2-3.条件を満たせば即日融資もOK

専業主婦であっても急にお金が必要になることだってありますよね。
そんな時、クレジットカードを使う、キャッシングを利用するなど様々な方法を取ることができますが、オススメなのはカードローンで即日融資を受ける方法です。
その銀行に口座を持っていなければいけなかったり、午前中に申請を済ませなければいけないなど、一定の条件はありますが専業主婦であっても銀行から即日融資を受けることは十分可能です。
特にオススメなのが、みずほ銀行カードローンで、銀行口座を持っており、なおかつある程度の預貯金が口座の中にあれば即日融資を受けることができます。
また、みずほ銀行カードローンでは専用のローンカードを持たずとも、キャッシュカード一体型のもので融資が受けられる点も手軽で評価できるポイントです。
銀行のカードローンというと、審査に時間がかかるイメージを持っている人も多いかもしれません。
しかし、現在では銀行カードローンの中にも即日融資に対応しているものも増えてきています。

 

2-4.旦那に内緒で借りられる!

銀行が専業主婦向けカードローンとして宣伝している場合には、そのカードローンの審査には夫の勤め先への在籍確認が免除されることもあります。
また、夫にカードローンの利用がバレてしまう原因一位である郵送物や銀行からの電話も極力避けてくれます。
これは、夫に内緒でカードローンを利用したいと考えている専業主婦のニーズに応えた結果です。
徹底した夫バレリスクを考えたサービスが専業主婦たちに受け入れられ、最近では人気が出てきています。
カードローンを利用する専業主婦の大半は、夫に内緒にしたいと考えているのではないでしょうか?
あなたが専業主婦で、初めてカードローンの利用を考えているのであれば、夫バレのリスクを考慮してくれる専業主婦向けカードローンの利用をおすすめします。

3.銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンは上述したようにメリットが多くありますが、正しく理解していないと希望額の融資が受けられなかったり、即日融資が受けられないといったデメリットも生じてしまいます。
まず、銀行カードローン最大のデメリットが審査に通過しづらい、という点です。
専業主婦向けカードローンの利用であれば審査通過はそれほど難しくはないのですが、一般利用者枠のカードローンを専業主婦が使おうとすると審査に落ちてしまう可能性が非常に高いのです。
もしも、一般利用者枠でカードローンを利用したいのであれば、月2~3万円でも良いのでパートタイムで働くことをオススメします。
少額であっても収入がある事は銀行カードローンの審査に通る上でとても重要な要素です。

 

3-1.専業主婦は限度額が制限される

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、利用規約に「専業主婦の限度額は〇〇万円まで」と明記されていることがあります。
例えばみずほ銀行カードローンの場合は、専業主婦の限度額を30万円までに設定しています。
その他、限度額について明確な規定がない場合でも、専業主婦への融資は10万円〜20万円程度になるケースが多いようです。
専業主婦の場合は本人に収入がなく、返済能力が高いとは言えませんから、仕方のないことかもしれません。
また、本来であれば増額申請を出すことで上限額の引き上げができるのですが、専業主婦の場合には増額が許可されないこともあります。
専業主婦の増額に関しての扱いは各銀行によって異なるため、事前に調べたり、担当者に相談するなどして確認しておくことをおすすめします。
どうしても限度額に満足できない場合には、2社までの同時借入であれば信用情報にもそれほど影響せずに借入ができる可能性があります。

 

3-2.口座開設が必要なことも

専業主婦向けカードローンの中には、「その銀行に普通預金口座を開設していること」を利用条件の一つとして挙げているものがあります。
仮に口座を持っていない銀行のカードローンに申し込む場合、手続きが面倒ですし時間もかかるため、口座開設が必要な点はデメリットと言って差し支えないかもしれません。
しかし、口座を持っていれば即日融資が可能、としているケースもあるため、予め利用しようとしてる銀行に口座を持っているとメリットもあります。
特に、楽天銀行に口座を持っている、そして楽天市場に会員登録している場合には、楽天銀行スーパーローンが即日融資で利用できたり、取引の度にポイントが付いたりとお得に融資を受けられるのでオススメです。
また、みずほ銀行カードローンもキャッシュカードを持っていればローンカードの機能をキャッシュカードに付帯させるだけで融資が受けられるため、利便性がとても高いと言えます。

 

借り換え 銀行口座

4.銀行カードローンを利用した専業主婦の口コミ体験談

「すごく欲しいものがあって買いたい!けれどもお金が足りない…、という時に友人から楽天銀行スーパーローンが夫に内緒で利用できるカードローンだと教えてもらえたので利用に踏み切りました。限度額は30万円ですが、金利も低く、月々の約定返済額も家計を圧迫せずに支払える程度なので今でも使わせてもらっています。電話や郵送物も届かないので、専用のローンカードを見られるか返済を遅延してしまった場合以外では夫にバレてしまう可能性は限りなくゼロです。最近は他にも気になるカードローンがあるので、新規契約をするか、あるいは借換えしようか迷っています。(50代女性・専業主婦)」