総量規制対象外 カードローン 審査

1.専業主婦が借りられるカードローンの審査とは

限られたお金の中でやりくりしている専業主婦にとっては、数万円でも生活資金としては大金と感じることがありますよね。
そんな数万円のお金も、手軽に用立てられるのがカードローンです。
ローンカードを持っていれば、利用限度額内でいつでもお金を借りることができます。
便利なカードローンを利用したいけど気になるのが審査ですよね。
収入のない専業主婦にお金を貸してくれるのかと不安になったり、貸してくれるとしても、なぜ収入のない専業主婦にお金を貸すのかという疑問も出てきます。
ここでは、専業主婦でも利用できる銀行カードローンの審査について紹介していきます。

 

1-1.配偶者の収入をもとに審査される

金融会社からお金を借りるために必ず条件としてあげられるのが安定した収入です。
これは当然のことで、無収入の人にお金を貸すような金融機関はまずありません。
ではなぜ専業主婦に融資をしてくれるのでしょうか。
収入もない専業主婦に銀行系のカードローンが融資をしてくれる理由としては、専業主婦の審査では、収入面は配偶者の収入で判断されるからです。
専業主婦のカードローンの利用条件が、配偶者に安定した収入があることとされています。
そのため、申込者本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があるというだけでカードローンが利用できるのです。

 

1-2.条件次第では即日審査も可能

急な出費に備えてローンカードを用意しておきたいという人はいいのですが、どうしてもすぐに数万円必要で、すぐにでもカードローンを利用したいという人も多くいます。
大手消費者金融は融資スピードが早く、即日融資は当たり前となっています。
しかし、銀行となるとこの融資スピードが不安という人も多いのですが、銀行でも条件次第では即日融資も可能です。
銀行カードローンの中には、口座を開設を申し込み条件としている場合があるため、利用を考えているカードローンの銀行口座を持っていないという人は、即日融資が難しくなります。
しかし、すでに銀行口座を持っているという人なら、口座開設の必要がないので即日融資が受けられる可能性があります。

2.審査に通りやすい人の共通点

収入のない専業主婦では、どうしても審査が気になってしまいますよね。
配偶者に収入があれば誰でもカードローンが利用できるというわけでもなく、どのような人が審査に通りやすいのかと思っている人もいるのではないでしょうか。
審査に通りやすい人の共通点を知ることで、審査への不安も減らすことができますし、事前に審査に通りやすくするように準備をすることだってできます。
どこの金融会社でも審査基準というものがあります。各会社によって詳細の違いはありますが、大まかには同じようなところがチェックされるのです。
審査に通りやすい人の共通点を確認して、審査通過を目指しましょう。

 

2-1.他社借入がない

審査では他社からの借り入れはとても重要なポイントとなります。
金融機関では、確実に返済できると考えられる人しか融資はしてくれません。
そのため、他社からの借り入れが多いと返済が滞るのではないかという不安を持たれてしまい、審査に通りにくくなってしまうのです。
他社からの借り入れが全くない、もしくは少ないという人は、それだけでも金融機関に大きな安心を与えることとなり、審査に通りやすくなるというわけです。
すでに他社からの借り入れがあるといった人の場合では、その借金を完済したり、完済ができなくても、少しでも借入額を減らすことにより、金融機関に良いイメージを与えることができます。

 

2-2.希望額が小さい

カードローンでは利用限度額が決められ、その限度額内での借り入れとなるため、金利の低い銀行カードローンでは、少しでも多い利用限度額に設定してほしいものですよね。
しかし、借入額が多くなれば、本当にその融資をしても確実な返済ができるのかという不安要素を金融機関に与えることにもなり、希望額が多いと慎重な審査となります。
希望額が増えれば増えるほど、満たす条件は厳しくなるということです。
そのため、希望額を少なく記入することにより、審査に通る可能性を高められるということにもなります。
審査に通りやすい人の共通点として、申込書に記入する希望額に必要最低額を記入していることがあげられます。

3.これをやると通らない!審査でのNGポイント

他社からの借入がない、希望額が小さいなどが審査に通りやすい人の共通点としてありましたが、審査に通りにくい人の共通点も知っておきましょう。
審査に通りにくい人の共通点を知っておくことで、借入申込をするときに気を付ける点も見えてきます。
審査に通りにくい人というのは、金融機関への印象などを考えず、自分の都合のいいように申し込みをしている人が多いようです。
何気ない行動で貸付ける側の信用を失い審査落ちをしているのです。
よくある審査でのNGポイントをまとめてみましたので、よく確認して、金融機関への信用を失わないようにしましょう。

 

カードローン 審査 NG

 

3-1.申込書に嘘の記載をする

審査落ちの理由で意外に多いのが、申込書の記入ミスや嘘の申告をするということです。
申込書に記入する情報は、貸付ける側にとってはとても重要です。
その情報に記入ミスや嘘の記載をしてしまうと、金融機関の信用を大きく失い、審査落ちをしてしまうのです。
他社からの借入額が少ないことは審査にはプラスの要素となるため、他社からの借り入れ状況などはわからないだろうと、借入額を少なめに記入してしまう人がいます。
しかし、他社の借入額は、個人信用情報機関というところに記録されていて、その情報を金融機関が確認すれば、すぐに嘘の記入であることがバレてしまいます。
従って申込書の記入は正直に記入する必要があります。

 

3-2.一度に複数社へ申し込む

少額でもいいから確実に金融機関でお金を借りたいと思った時に、やってはいけない行動が、一度に複数社に申し込みをするということです。
専業主婦でも利用できる銀行は多くあり、そのすべての銀行に申し込みをしておけば、どこかの審査には通るのではないかと思ってしまいますよね。
しかし、その行為によってどこからもお金を借りられなくなることがあります。
どこの金融機関に申し込みをしたのかは信用情報に記入されます。
金融機関が信用情報を確認した時に複数社に申し込みをしている事実がわかってしまうと、このような人は一度に借入額を一気に増やす可能性があリ、金融機関から敬遠されてしまいます。

4.審査に落ちた時の対応

カードローンは申し込みの時だけでなく、審査に落ちてしまった後の行動も重要です。
多くの人が審査に落ちてしまうと、すぐにお金が必要という時には、なんとかしてどこかの金融機関からお金を借りようとします。
当たり前の行動のように思えるのですが、この行動によってさらに別のカードローン審査に通りにくくなっている可能性があります。
上でも説明した通り、審査に通りにくい人の特徴として、複数のカードローンに一度に申し込むことがありました。
審査に落ちてすぐに何社ものカードローンに申し込みをすることは、これと同じような行動となります。
焦った行動をすることで、金融機関に悪い印象を与えることになるのです。

 

4-1.間隔を開けて他社へ申し込む

審査に落ちてしまうと、すぐにでも他の銀行にでも申し込みをしたいものですよね。
とはいえ、審査に落ちたことも信用情報には記録されています。
他社で審査に落ちたことが分かれば、何か問題があるのではないかと不信感を与えることになります。
そのため、審査落ちをしてすぐに何社ものカードローンに申し込みをしてしまうと審査に落とされてしまうのです。
1ヶ月で申し込みをするのは2社までにしましょう。
もし、2社とも審査に落ちてしまった場合には、6ヶ月間は間を空けることをおすすめします。
信用情報もいつまでも記録されているわけではなく、申込みの事実なら6ヶ月程度で消えます。
審査に落ちた事実が消えてから申し込みをすれば、審査に通る可能性も高まります。

 

4-2.審査が甘いと謳うカードローンへは申し込まない

審査NGのポイントが多いという人は、どうしてもどこのカードローンからもお金を借りられない場合があります。
この時に絶対利用してはいけないのが審査が甘いと謳っているような金融業者です。
審査が甘いと言われている消費者金融でも貸金業法のもとでしっかりとした審査はしていて、どこの金融業者も新規借入となると慎重な審査をするため、審査が甘い金融業者は存在しません。
また、自らこのような甘い言葉を謳っていることからも、このような業者は闇金業者と疑いを持つ必要があります。
闇金業者を利用してしまうと、自分だけでなく、家族や近所の人に迷惑がかかることもあります。
家族の生活を守るためにも、安全な金融業者を利用しましょう。