総量規制対象外 カードローン 即日融資

1.総量規制対象外のカードローンを即日利用する方法

総量規制という法律をご存知でしょうか。
この総量規制は年収によって融資額を制限するという法律で、この法律があるために、収入のない専業主婦は金融機関でお金を借りにくいというのが現状です。
しかし、総量規制は消費者金融業者などの貸金業者が対象で、銀行は総量規制の対象外です。
そのため、専業主婦は総量規制対象外のカードローンを利用する必要があります。
銀行系カードローンでも、大手消費者金融のように即日融資に対応しているところもあります。
銀行系カードローンを即日利用する方法としては、振込融資や無人契約機を利用する方法があります。

 

カードローン 即日

 

1-1.WEB申込で指定口座への振込が最速

急いでお金を借りたい時、便利な方法が即日振込です。
これは、WEB申込をして、審査に通れば自分が指定した口座に振り込んでもらえるという借入方法です。
契約をすれば自分の口座にすぐに振り込んでもらえるため、最速の借り入れ方法とも言えます。
この即日振込でのメリットは融資までのスピードが速いいうことだけではありません。
外出せずに申し込みから融資までできることから、人に見られる心配もなく、家族に内緒でお金を借りたいという人には最適な申し込み方法です。
振込での融資となると、基本的には銀行営業時間内にすべての手続きを済ませる必要があるので注意しましょう。

 

1-2.無人契約機を活用する

カードローンを即日利用する方法として、無人契約機を活用するという方法があります。
無人契約機で申し込みをして審査に通れば、その契約機からカードを発行してもらえます。
審査に通っても、カードを郵送して受け取るのでは時間がかかり、短時間での融資は難しくなりますが、無人契約機を利用することにより、短時間で融資が可能となります。
しかし、無人契約機というと大手消費者金融会社しか設置していないのではないかと思う人がいるかもしれません。
実は、大手銀行のカードローンにも無人契約機を設置しているものがあるんです。
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、テレビ窓口という無人契約機を設置していて、大手消費者金融並みのサービスを受けられます。
この様に無人契約機を利用すれば、銀行でもすぐにカードを発行してもらえます。

2.審査を早く終わらせるには

カードローンを即日利用するためには、審査をできるだけ早く済ませてもらう必要があります。
審査が長引けば、即日融資に対応している銀行でも、融資が翌営業日以降になってしまいます。
そのため、審査を長引かせてしまう様な行動には十分注意が必要です。
例えば、申し込みの際に不備があったのでは、自分のミスにより審査時間を長引かせてしまいます。
即日融資が希望という人にとっては、このようなミスがないように、しっかりと申し込み条件を確認したり、必要書類を揃える必要があります。
審査をスムーズに進めるためにも、事前準備は大切です。

 

2-1.必要書類を用意しておくとスムーズ

金融会社を利用してお金を借りる時には、必要書類を提出しなければなりません。
専業主婦がカードローンを利用するときに必要となるのが本人確認書類です。
本人確認書類として利用できるものとしては、運転免許証や健康保険証、パスポートなどがあります。
WEB申し込みをする際には、カメラやアプリなどによって提出することになりますが、無人契約機に出向いて申し込みをする時には、本人確認書類を忘れずに持参しなければなりません。
自宅でパソコンやスマホを利用してWEB申し込みをする場合には、特に問題ありませんが、無人契約機を利用する場合、もし本人確認書類を忘れると自宅まで取りに帰る必要があり、その時間分審査を延ばすことになってしまいます。

 

2-2.申込書への記入は正確に

上でも説明した通り、審査を長引かせる原因に申込書の記入ミスがあります。
誤字脱字やもちろん、嘘の申告は絶対に避けましょう。
仮に記入ミスがあると、申告された情報を確認をするために時間がかかってしまいます。
また、審査時間がかかるだけでなく、記入ミスによって信用を失い、審査に落とされる可能性もあります。
専業主婦の審査では、配偶者の収入や他社の借入額などが重要視されます。
少しでも審査に有利になるようにと、配偶者の収入を多めに書いたり、他社の借入額を少なめに書くなどの嘘の申告をしてしまうと、審査に時間がかかったり、銀行からの信用を失うこともあります。
申込書への記入は正確に記入することが大切です。

 

2-3.希望額は必要最低限に抑える

審査を早く終わらせるコツとして希望額を最低限にするという方法があります。
どうして希望額を必要最小限に抑えると審査が早くなるのかと思う人もいるかもしれませんね。
希望額が大きければ大きいほど、銀行は慎重に審査をしなければなりません。
そのためどうしても時間がかかってしまうのです。
どうせ借りるのなら、多めの利用限度額に設定してもらいたいと、申込書の希望額も高めに記入しがちです。
その高めの希望額によって審査に時間がかかってしまうことがあります。
少しでも審査に通る可能性を高めるためにも、審査時間を早めるためにも、希望額は必要最小限に抑えましょう。

 

2-4.即日融資希望と伝えよう

審査時間を少しでも短縮したいという人は、面倒かもしれませんが事前に即日融資が希望であることを伝えておくことをおすすめします。
申込者の中には、多少時間がかかっても構わないという人もいれば、できるだけ早く審査をしてほしい人もいます。
しかし、銀行からすれば、その考えは伝えなければわかりません。
通常審査では申し込み順に審査をしていきますが、事前に伝えておけば審査を優先的にしてくれることもあります。
申し込みの混み具合によっても異なりますが、「即日融資希望」と事前に伝えておくことにより、審査を早く終わらせる可能性を高めることができます。

 

2-5.専業主婦の審査は在籍確認なし!

専業主婦の人が申し込みをする場合は、在籍確認が気になるという人も多くいるのではないでしょうか。
夫の収入が利用条件の一つでもあることから、夫の職場に在籍確認があるのではないかと心配という人も多いと思います。
特に夫に内緒にしたいという人にはこの点が気になってしまいますよね。
しかし、専業主婦の場合には在籍確認は基本的にありません。
カードローンの審査では、申込者本人が審査対象となり、夫の勤務先への連絡はまずありません。
専業主婦の場合には、この確認がないため、通常の利用者よりも意外に審査時間も短時間で終わると考えられます。

3.申し込みから融資までの流れを確認

初めてカードローンを利用する人にとては、申込みから融資の流れが気になりますよね。
まず申し込みでは、WEB申込なら公式サイトから、無人契約機を利用する場合には、その場所まで出向いて画面の指示に従って入力をしていきます。
この時には、住所や氏名などの個人情報だけでなく、夫の勤務先、他社からの借り入れ状況などを記入する必要があるので、その情報がわかる書類やメモ書きを用意しておくことをおすすめします。
一般的な流れとしては、この申し込みを済ませ、本人確認書類の提出をすると、保証会社の審査を受けることになります。
審査に通過すると本契約をして、契約を済ませるとカードが発行され、融資が受けられることになります。

4.土日や祝日も即日融資は可能?

銀行は土日や祝日は営業していないため、審査をしていないところが多く、どうしても翌営業日扱いとなります。
しかし、一部の銀行では土日祝日でも即日融資が可能な銀行もあります。
その一つが三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。
バンクイックは、口座開設の必要もなく、土日祝日でも営業しているテレビ窓口が利用できるので、その場でカードを発行してもらえば即日融資も可能となります。
土日祝日で即日融資を希望するという人の場合には、まずバンクイックのような土日祝日でも即日融資に対応している銀行に申し込みをする必要があります。
土日祝日となると、平日よりも営業時間が短くなることから、営業時間はしっかりと事前に確認してから立ち寄りましょう。