総量規制対象外 クレジットカード

クレジットカードと総量規制の関係について

さまざまな種類・会社のクレジットカードを目にすることがありますが、その違いについて考えてみたことはありますか?
クレジットカードを利用した借り入れ(キャッシング)には総量規制が関わってきます。
総量規制とあまり聞きなれない言葉かと思いますが、クレジットカードでの借り入れを検討されている方には、是非知っておいていただきたい言葉なのです。
そして、クレジットカードでのショッピングとキャッシングは、総量規制という観点からは分けて考えなければいけません。
では、クレジットカードのショッピングとキャッシングだと、何がどう違うのでしょうか?
このページでは、そういった疑問を解決すべく、クレジットカードと総量規制の関係について説明していきます。
しかし、まずは「総量規制とは?」というところから見ていきましょう。

 

総量規制対象外 クレジットカード

知っておきたい総量規制の意味

総量規制は、改正貸金業法に規定されています。
消費者の借り過ぎによる生活破綻を保護するため、2010年に施行されました。
消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者は貸金業法に基づいて営業を行っています。
そのため、貸金業者が個人にお金を貸す際は総量規制の対象となり、年収の1/3を超える貸し付けはできません。
しかし、全てのキャッシングが総量規制の対象になるわけではありません。
例えば、銀行は貸金業者に分類されませんから、年収の1/3以上の借り入れも可能です。

 

総量規制の対象となる借入

では総量規制の対象となる借入はどのような借入なのでしょう。
改正貸金業法による総量規制の対象は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者に限られています。
従って、銀行のカードローン、銀行クレジットカードでのキャッシングも総量規制の対象にはなりません。
また、クレジットカード会社などのクレジットカードで商品やサービスを購入する際のショッピング枠にも総量規制は適応されません。
適応されるのは、クレジットカードで現金を借りるキャシングです。
この場合、クレジットカード会社は貸金業者として貸し付けを行いますので、貸金業法が適用されるのです.

 

銀行は総量規制対象外

先ほども説明した通り、銀行カードローンは、総量規制対象外のため、審査の結果次第では年収の1/3以上の金額を借入することができます。
では、なぜ銀行が総量規制の対象外なのかというと、銀行は銀行法に基づいて営業しているからです。
貸金合法が適用される貸金業者とは異なり、総量規制の規定がない銀行法が適用されるため、銀行は総量規制対象外なのです。
また、銀行カードローンは、総量規制の対象とならないため、本人に収入がない専業主婦でも利用できることがあります。
「配偶者に安定的な収入がある場合に限る」という条件はつきますが、専業主婦へも融資を行い、利用者の拡大を図っているようです。
また、銀行カードローンは消費者金融等の借り入れよりも圧倒的に低金利で借りる事ができますし、最近では最短で即日審査、即日融資出来るケースもあります。

 

総量規制の対象の例外となる借り入れ

総量規制には除外となる借入が存在します。
具体的に、総量規制の対象外となるのは、住宅ローンや自動車ローンなどです。
総量規制の対象外となる理由は、不動産や車の購入金額はとても高額となり、総量規制対象としてしまうと他の借り入れが困難になってしまうからです。
しかし自動車ローンについてはほかの借入総額が年収の40%を超えないようにするなど、多少の規制はあります。
また、高額医療費の借り入れや手形の割引なども総量規制対象外となっています。

 

総量規制に影響されない種類の借り入れ

その他にも、総量規制に影響を受けない種類の借り入れはあります。
例えば、預金取扱金融機関からの融資を受けるまでの「つなぎ融資」となる借入も総量規制の制限を受けません。
この場合の預金取扱金融機関とは、銀行や信用金庫・信用組合・農協・労金・証券会社などを指します。
預金取扱金融機関からの融資を受けるには、審査や手続きなどで長期間待たないといけない場合もあります。
その場合のつなぎ融資として、貸金業者から借り入れた分は総量規制の例外となるのです。
しかし、この場合すでに預金取扱金融機関での融資決定を受けていないといけないので注意が必要です。

クレジットカードは全て総量規制の対象になるの?

クレジットカードは、キャッシングのほかにショッピングにも利用できるため、とても多くの方が利用しています。
実は、クレジットカードでキャッシングをする場合は総量規制の対象となりますが、ショッピングでの利用の場合は総量規制の対象とはなりません。
一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いなど、さまざまな支払方法がありますが、ただの後払いでの決済方法ですので、その全てにおいて総量規制の対象ではありません。
ショッピングでの規制は、割賦販売法となりますので、総量規制の貸金業法とは異なるのです。
たとえ、クレジットカードのキャッシング枠いっぱいに借り入れしていたとしても、ショッピングなら問題なく利用する事が出来るのです。

 

ショッピング枠は総量規制の対象

クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」の2種類がありますが、総量規制の対象になるのは「キャッシング枠」だけで「ショッピング枠」は対象外となっています。
ショッピング枠に関しては貸金業法ではなく、ショッピングのリボ払いや分割払いにおいて「割賦販売法」が適用されているのです。
分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどの支払方法の場合、この割賦販売法で定められている支払見込額が利用上限となるのです。
クレジットカードの支払見込額は (年収 - 生活維持費 - クレジット債務)×0.9で計算されます。
なお、生活維持費とは、法律で定められた生活するために必要な1年間の費用のことを言います。

 

キャッシング枠は借入した分だけが対象に

クレジットカードを作る時、キャッシング枠をつけるかどうか選択するかと思いますが、このキャッシング枠について調べてみました。
もしものためにキャッシング枠をつけておくと便利だからと、キャッシング枠を設定している方も多いでしょう。
では、キャッシング枠を設定すると、それだけで総量規制の対象になるのでしょうか?
実は、キャッシング枠内の額面分は、総量規制の対象にはなりません。
借入して初めて、総量規制の対象になるのです。
そうだとわかれば少し安心ですね。
大抵のクレジットカードには、キャッシング枠をつける事が出来るので、キャッシング枠を付けただけで総量規制の対象になってしまうとなると、大変なことになってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠について解説

クレジットカードを作る時、ショッピング利用とは別にクレジット枠を設定する事が出来る場合が多いかと思います。
今現在、キャッシングの予定のない方でもキャッシング枠をつけてクレジットカードを作る方が多いのではないでしょうか。
一般的には、ショッピングのほうが利用枠は多く、適用される金利も低く設定されています。
しかし、クレジットカードにキャッシング枠をつけておくことで、いざ現金が必要になった場合、すぐにキャッシングできるので大変便利です。
とはいえ、総量規制の関係や利用限度額の設定など、クレジットカードのキャッシング枠について分からない点が多いという方もいらっしゃいますよね?
そこで、ここからはクレジットカードのキャッシング枠について、より詳しく解説していきます。

 

総量規制対象外 クレジットカード

 

利用限度額の決まり方は?

消費者金融やクレジットカードでの借り入れは、総量規制によって借入限度額は年収に対して1/3と定められています。
総量規制は貸金業法という法律で定められていますので、消費者金融、信販会社など全ての貸金業者がこの規制を受けることになります。
そのため、クレジットカードのキャッシング枠が年収の1/3を超える金額に設定されることはありません。
どのように限度額が決定されるのかというと、申込者の収入や信用情報に基づいて決定されます。
収入が多ければ限度額は高く設定される可能性が高いですし、審査に通る確率も高いでしょう。
つまり、利用限度額は返済能力に応じて決定されるということです。

 

キャッシング枠の利用限度額を増額する方法

初めてキャッシングを利用する場合、利用限度額は通常低めに設定されています。
そのため、新規契約をしてから後で総額申請をし、利用限度額を上げていくという方法が一番多いかと思います。
増額の場合には再度契約書を交わすこともなく、審査に通れば利用限度額を上げる事が出来ます。
増額に当たっては、新規の利用申請の場合と同じように再審査ということになります。
ただし、返済の滞納など信用を失うような事情があった場合には、増額申請に通る確率は限りなくゼロになってしまいますから気をつけましょう。
一般的に、増額申請が通る目安は、利用を開始から1年ほど経過した後と言われます。
その間に、信用を得らるよう日々の返済、借り入れは計画的に行いましょう。

気を付けたいクレジットカードのリボ払い

クレジットカードを利用した場合の返済方法には、一括払いの他にリボ払いという支払い方法があります.
このリボ払いとは、毎月決まった額だけ返済していく方法で、高額な借入やショッピングをした場合でも一気に返済しなくていいので大変便利です。
しかし、リボ払いは金利が通常よりも高く設定されている場合が多いため、返済してもなかなか元金が減らず、利息を多く支払うことになります。
また、キャッシングやショッピングを繰り返しているうちに、利用した金額の総合計がわからなくなる危険もあるのです。
何よりも自分の返済できる金額以上の借り入れをしてはのちのち大変なことになってしまいますので、借り入れやショッピングでクレジットカードを利用する場合は、最初によく考えてから利用しなくてはいけないのです。

 

リボ払いの利息計算とシュミレーション

リボ払いは、月々の支払いの負担を少額に抑えることが出来るメリットもあるのですが、利息の支払いが膨れ上がるというデメリットもあります。
まず、リボ払いの利息を計算する時に知っておくべき点は、リボ払いの金利は大抵15%程に設定されおり、そしてこの15%というのは年利だということです。
年利とは、1年間お金を借りたままにした場合にかかる手数料の比率ですから、半年で返済できた場合には半分の7.5%になる計算です。
例えば、1万円を年15%のリボ払いで借入し、1か月後に返済した場合の利息は1.25%ですね。
1万円×1.25%=1万125円の支払い額です。つまり125円の金利手数料がかかっているのです。

 

総量規制対象外のクレジットカードも計画的な利用が大切

銀行クレジットカードは銀行法に基づいているので、総量規制対象外のカードです。
したがって、銀行クレジットカードでのキャッシングであれば、返済能力があれば年収の1/3以上の借り入れができることがあります。
そして、金利も消費者金融でのキャッシングに比べると低いことが多いです。
高額な金額が必要な場合には、総量規制が邪魔をしてなかなか必要額を借入することが出来ないという心配がない分、返済能力以上の金額を借入してしまう危険もあります。
借りてしまったらもちろん返済が待っているのです。
総量規制対象外の借り入れであっても、やはり計画的にキャッシングを利用することが大事になってきます。

総量規制対象外の借入ならココがおすすめ!

ここまでに、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となること、銀行のクレジットカードは総量規制対象外であることを説明してきました。
しかし、クレジットカードは金利が高いことが多く、リボ払いで返済すると利息の支払いが増えることもあります。
そこで、総量規制対象外の借り入れを希望するのであれば、銀行カードローンの利用を検討してみても良いでしょう。
ここからは、おすすめの銀行カードローンを紹介していきますから、是非参考にしてください。

 

300万円まで収入証明書が原則不要!オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、300万円までの融資なら原則として収入証明証が不要です。(審査によっては300万円未満でも収入証明証の提出を求められる場合もあります.)
他社の銀行カードローンも収入証明証不要で申し込みはできるのですが、300万円まで収入証明が不要というカードローンは、なかなかありません。
必要書類が一つでも少なければ、借入までの時間短縮にもつながります。
また、提携ATMの手数料が全時間帯で無料という便利なサービスもあります。
さらに、融資限度額最高800万円という高額設定も嬉しいポイントです。

 

即日融資にも対応!新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクは、審査時間が短いことで大変人気のカードローンです。
ネット申し込みの場合、審査は申込み完了画面に表示されています。
自動契約機も多数あるので、21時まで即日融資が受けられるのです。
そして、土日も営業していますので、お休みの日にも融資が受けられる点も人気の理由です。
即日融資を希望しない場合には、カードを郵送で受け取ることも可能です。
また、初回借入時に30日間無利息か5万円まで180日間無利息どちらかの無利息サービスを選択して利用できる点も大きなメリットと言えます。
銀行カードローンでこうした無利息サービスがあるのは大変珍しく、初心者でも始めやすいですね。

 

最短で審査が三十分で終わる!三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、最短30分で審査の連絡があると人気です。
インターネットの申し込みの場合9時から21時(土・日・祝日は9時から17時)であれば最短30分で審査の結果が連絡されます。
審査通過後のカード受け取りは、店舗窓口で受け取るのか、郵送で受け取るのかが選べます。
また、テレビ電話という自動契約機も設置されており、申込からカード受け取りまで全ての手続きを行うことができます。
テレビ窓口で申込をすれば、最短40分で融資を受けることができるという点も多くの方に支持されている理由です。
通常銀行口座を持っていなければ即日借入できない場合がほとんどですが、テレビ窓口を利用することでバンクイックなら銀行口座を持っていなくても即日借入が可能なのです。

まとめ

ショッピング利用やキャシング利用で多くの方に利用されているクレジットカード。
クレジットカードを利用することで大金を持ち歩く必要が無くなったり、急に必要になったお金を用立てる場合など何かと便利な使い方がありますね。
そして、銀行のクレジットカードは総量規制対外となることも重要なポイントです。
自分に合った方法で利用するためには、どのクレジットカードを利用するのがいいのかをしっかりと検討することが重要です。
また、総量規制対象外の借入を希望するのであれば、銀行カードローンの利用も検討してみると良いでしょう。