総量規制対象外 カードローン 主婦

1. 大手銀行では専業主婦可能なカードローンがある

専業主婦の人の中には、友人や近所の人、子供のお母さんたちとの付き合いで、お金を使いすぎてしまい、お金が足りないといった経験をした人も多いのではないでしょうか。
今月はお金がピンチという時に限って、子供の習い事で道具を揃えるためにお金が必要となったりと、急にお金が必要になることもあります。
このようなときに便利なのが、カードローンです。
カードを持っているだけで、好きなときにお金を借りることが出来ます。
大手銀行のカードローンの中には、仕事をしていない専業主婦でも利用できる商品もあり、カードを一枚持っているだけでピンチの家計を助けてくれる存在となります。

 

専業主婦 カードローン

 

1-1. 大手消費者金融のほとんどが「本人に収入がない方」の申込みを断る

カードローンと聞いて、消費者金融をイメージする人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融では、TVなどでも宣伝していることから、多くの人がカードローンやキャッシングの利用を考えた時には消費者金融を利用しています。
このカードローンは銀行でも利用することができ、専業主婦の人はこの銀行系のカードローンを利用する必要があります。
仕事をしていない専業主婦の人が消費者金融に申し込んだとしても、まず断られます。
この理由が、消費者金融は本人に収入がある人が対象となっているためです。
しかし、銀行系では本人に収入がなくてもカードローンを利用することが出来ます。

 

1-2. 銀行系カードローンは「総量規制対象外」

消費者金融は総量規制の対象となっています。
この総量規制では、原則として本人に収入がないと貸付できないことになっていることから、消費者金融では仕事をしていない専業主婦の人にお金を貸すことが出来ないことになり、ほとんどの消費者金融では専業主婦の人への融資は行っていません。
しかし、銀行はこの総量規制対象外となっているため、専業主婦の人に融資をしている銀行も多くあります。
このように、専業主婦の人でカードローンを利用しようと考えれば、自然と銀行系のカードローンを選ぶことになります。
銀行系のカードローンは消費者金融よりも金利が低く、お得にお金を借りることが出来ます。

2. 専業主婦が銀行系カードローンを利用するには?方法は2つ

専業主婦の人がお金を借りる方法としては、銀行系カードローンを利用する以外にも、配偶者貸付を利用する方法もあります。
総量規制が適用されるようになってからは、主婦の人がお金を借りにくい状況となりました。
この救済策として設けられたのが配偶者貸付です。
この配偶者貸付は、仕事をしていない主婦の人でも、総量規制が適用されている貸金業者でお金を借りられるというものです。
しかし、大手消費者金融ではこの配偶者貸付が利用できないところが多く、この貸付を利用して融資が受けられる消費者金融が限られています。
もともと、この総量規制の対象外である銀行では、夫に安定した収入さえあれば銀行カードローンを利用することが出来ます。

3. 夫婦の年収を合算できる!「配偶者貸付」

配偶者貸付では、夫婦の年収を合算してお金を借りられるというものです。
消費者金融では総量規制が適用されているため、年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ません。
仕事をしている主婦の人でも、パートなどでは年収が少なく、この総量規制が適用されている消費者金融では多くの融資が受けられないことになります。
しかし、この配偶者貸付を利用すれば、夫婦の年収を合算できるため、年収の3分の1という条件でも多くのお金が借りられることになります。
この配偶者貸付では、収入のない専業主婦の人でも利用でき、夫が年収が多ければそれだけ多くのお金が借りられることになります。

 

3-1. 配偶者貸付の利用条件と必要書類

配偶者貸付の利用条件は2つあります。
一つ目は年収を合算する二人が夫婦であることです。
この配偶者貸付では、夫婦であることが条件で、夫婦を証明する書類なども必要となります。
二つ目が、妻が専業主婦である場合には夫に安定した収入があることが条件となり、夫が専業主夫である場合には、妻に安定した収入があることが条件となります。
この配偶者貸付を利用する場合には、この2つの条件をクリアしていることが必要です。
必要書類としては、利用する人の本人確認書類、住民票や戸籍抄本などの夫婦であることを証明できるもの、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書などが必要となります。

 

3-2. 配偶者貸付をおこなっている業者とは?

配偶者貸付を利用する場合には、多くの書類を揃える必要があります。
多くの書類を揃えるのは利用者としても面倒なのですが、消費者金融としても確認作業などの手間が必要となります。
そのため、大手消費者金融のほとんどが、この配偶者貸付が利用できません。
ただ、中小の消費者金融なら利用できるところもあります。
消費者金融の中ではレディースフタバとベルーナノーティスなどが挙げられます。
大手消費者金融と比べると、知名度も低く、聞いたことがないという人がほとんどではないでしょうか。
レディースフタバやベルーナノーティスは安心して利用できる金融機関なのですが、聞いたことがないところは不安という人は銀行カードローンを利用することをおすすめします。

4. 夫に安定収入があるなら「銀行ローン」

消費者金融でも配偶者貸付を利用すれば、仕事をしていない専業主婦の人でもお金を借りることが出来ます。
しかし、配偶者貸付では多くの書類が必要となりますし、配偶者の同意書も必要となることから、夫には内緒でお金を借りたいという人には利用しにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。
銀行ローンなら、夫に安定した収入があればお金を借りることができ、夫の同意書なども必要ないことから、内緒で借りたいという人にも最適な方法です。
また、名前も聞いたことがない金融機関からお金を借りることに不安を感じる人も多くいますが、銀行なら安心してお金を借りることが出来ます。

 

4-1. 専業主婦でも申込める銀行のローン

収入のない専業主婦の人がお金を借りるのにおすすめなのが銀行系のカードローンです。
銀行系のカードローンでは、契約者本人に安定した収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば利用することが出来ます。
ただ、銀行では専業主婦の人でも借りられるところはあるのですが、すべての銀行が対応しているというわけではありません。
配偶者に安定した収入があれば申し込めるといったところもあれば、契約者本人に安定した収入があることが条件となっているところもあります。
専業主婦の人がカードローンを利用したいと考えた時には、まずどこの銀行が利用できるのかをしっかり確認することが必要になります。

5. 「専業主婦」におすすめできるローンとは?

専業主婦におすすめできるローンが銀行カードローンです。
消費者金融の中にも、配偶者貸付を利用してお金を借りられるところはあるのですが、知名度が低く安心して申し込めないという人も多いのではないでしょうか。
この知名度は大切で、闇金と呼ばれる金融業者も存在することから、安心してお金を借りられるところに申し込むことが大切です。
配偶者貸付では、多くの書類が必要でしたが、銀行系のカードローンでは本人確認書類さえ用意できればお金を借りることが出来ます。
銀行系では融資までの期間が長いというイメージもありますが、専業主婦の人でも借りられる銀行で即日融資を可能としているところもあります。

 

5-1. 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

銀行系カードローンの中で、専業主婦の人でも利用できるのが三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
このバンクイックの金利は4.6%〜14.6%となっています。
専業主婦の人がお金が借りられるといっても、多くのお金を借りることは出来ないので、通常設定される金利は最大金利である14.6%になると考えておく必要があります。
この金利を見て、高いと感じる人もいるかもしれませんが、消費者金融では最大金利が18%にしているところが多く、この金利と比べればどれだけ低い金利で利用できるのかがわかるのではないでしょうか。
三菱東京UFJ銀行では、テレビ窓口も設置され、この窓口を利用することで夫に内緒でカードの発行まで出来ます。