総量規制対象外 とは

1借入前に知っておくべき!総量規制の意味とは?

金融機関からお金を借りたいと思った時に、総量規制という言葉を目にして、「総量規制ってなに?」と思った人もいるのではないでしょうか。
総量規制というのは、収入によって融資額を制限する決まりのことで、対象となる場合は年収の3分の1までしか融資できません。
仮に複数社から借入をしているとすると、全借入の合計額が年収の1/3を超えてはならないと規定されています。
ローンによっては除外や例外となるものがありますが、一般的な消費者金融から借入をする場合、総量規制に沿った形で融資を受けることになると考えておきましょう。
一方、銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、人によっては年収の1/3を超える借入も可能です。

2.総量規制の対象となる借入

専業主婦が金融機関からお金を借りる場合には、総量規制は大きな障害となります。
総量規制は年収によって融資額を決める制度ですから、そもそも収入のない専業主婦は借入をすることができないのです。
そのため、まずはこの総量規制の対象となる借入にはどんなものがあるのかを知っておく必要があります。
総量規制は貸金業者に対しての法律です。
そのため、総量規制の対象となる借入は、貸金業者からの借り入れということになります。

 

総量規制対象外 とは

 

2-1.消費者金融や信販会社からの借入

では、貸金業者とは具体的にどの金融機関を指すのでしょうか?
意外と知らない人も多いのですが、テレビでも宣伝している消費者金融を6はじめ、クレジットカードを発行している信販会社などが貸金業者にあたります。
大手消費者金融のキャッシングは、ちょっとしたお金が必要な時にとても便利なのですが、総量規制の対象なので専業主婦が利用するのは難しいと言わざるを得ません。
また、これはクレジットカードを発行している信販会社も同じです。
クレジットカードが欲しいと思っても、専業主婦だと審査に通るのが難しいということです。
専業主婦が借入をするためには、総量規制の対象とならない銀行カードローンの利用をおすすめします。

3.銀行以外で総量規制対象外となる借入

消費者金融や信販会社は総量規制の対象となること、銀行カードローンは総量規制の対象外であることは説明しました。
しかし、年収の1/3を超える額の借入をしたい時、銀行カードローンを利用する以外に方法がないわけではありません。
例えば、複数の借入をまとめるための「おまとめローン」などは総量規制対象外となることが多いですし、他にも総量規制の対象外とならない借入はあります。
ここからは、銀行カードローン以外に総量規制対象外となる借入を紹介していきます。

 

3-1.住宅ローンや不動産担保ローン

住宅や自動車などの購入の際に利用するローンとなると、高額なお金を借りる必要があります。
これらのローンが総量規制の対象となると、年収の3分の1の範囲内では購入できないという人がほとんどだと思います。
従って、こういったケースは総量規制の対象外となり、審査に通れば年収の1/3以上の金額を借りることができます。
不動産の購入やリフォームのための借入、担保のある自動車ローンや有価証券担保貸付、不動産担保貸付も、総量規制の対象外となる借入です。
そのため、「家を購入する」、「車を購入する」といった目的なら、総量規制を気にすることなく借入することができます。

 

3-2.高額な医療費

高額な医療費のための貸付は総量規制の対象外です。
治療によっては3割負担でもとても支払うこともできないようなケースもあります。
こういった時には、総量規制を気にすることなくお金を借りることができます。
しかし、高額な医療費が必要になった時は、国の高額療養費制度がありますから、この制度によって医療費を賄う人がほとんどです。
そのため、一般の金融機関から借入を考える前に、高額療養費制度の利用について医療保険の窓口に相談してみましょう。
ただし、高額療養費制度の利用制限があるような治療を受ける時は、金融機関からの借入も大きな助けとなります。

 

3-3.ビジネスローン

総量規制は個人向け貸付のみが対象となり、会社など法人への貸付は総量規制の対象外となります。
では、個人事業者の場合にはどうななのでしょうか?
総量規制には除外となる貸付と、例外となる貸付があるのですが、個人事業者に対する貸付は「総量規制の例外」に含まれます。
そのため、個人事業主は事業資金として年収の3分の1以上の金額を借りられるということです。
ただし、ビジネスローンは年間の事業収益の3分の1が限度額と言われています。
総量規制の例外だからといって、いくらでも借りられるわけではありません。

 

3-4.オートローンや教育ローン

自動車やオートバイなどの購入資金をクレジット会社などを利用して立て替えてもらえるのがオートローンです。
実は、オートローンも総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超えるかどうかを気にする必要はありません。
また、子供の教育費としてお金を借りたいと考えている人もいるかもしれませんね。
そういった場合の借入も総量規制の対象とはなりません。
とはいえ、もともと教育ローンを提供しているのは銀行や信用金庫といった貸金業法が適用されない金融機関です。
従って、特に年収による制限を気にする必要はありません。

 

3-5.ろうきん

お金を借りる時には「ろうきん」を利用しているという人もいるのではないでしょうか。
ろうきんが提供するカードローンは銀行と比べても低金利ということもあり、お得に借り入れしているという人も多いと思います。
しかし、ろうきんは個人向けの貸付を主な業務としていてますから、「もしかして総量規制の対象になるんじゃない?」と考えてしまいがちです。
でも心配はいりません。
総量規制は貸金業法によって定められている法律ですが、ろうきんに適用されるのは労働金庫法です。
従って、銀行法が適応される銀行と同じく、ろうきんも総量規制の対象外となります。

4.総量規制対象外のメリットとは

総量規制が適用されている貸金業者であっても、対象外となる借入が多くあることがわかっていただけたと思います。
この総量規制の特徴に、融資額を年収の3分の1までに制限するという点がありました。
そのため、年収が多い人ほど多くのお金を借りることができ、年収が少なければ少額の融資しか受けることができません。
また、総量規制は年収が基準となるため、収入のない専業主婦は利用できないということになるのですが、総量規制対象外であれば融資が受けられることになります。
総量規制対象外には、大きく言うと2つのメリットがあります。
ここからは、その2つのメリットについて解説していきます。

 

4-1.高額な融資が可能

総量規制の対象となる場合、年収の3分の1までしか借入できないため、希望の金額に届かないことがあるかもしれません。
しかし、総量規制対象外のローンであれば、年収によって融資額を制限される心配がないため、高額な住宅の購入やリフォーム、自動車の購入にも利用することができます。
年収が多いという人は、総量規制の借入であっても問題がないのかもしれませんが、年収が少ない人ほど、総量規制は厄介な存在です。
総量規制対象外のメリットは、年収の少ない人でも審査に通れば高額な借入ができる点でしょう。
ただし、その分しっかりとして返済計画を立ててから借入することも必要です。

 

4-2.専業主婦でも借入できる

ここまでに説明した通り、専業主婦は基本的に総量規制の対象となる消費者金融からの借入ができません。
配偶者貸付(配偶者の年収を合算した世帯収入の1/3まで借入できる制度)を利用すれば、消費者金融からお金を借りることは可能ですが、この方法も現実的ではありません。
というのも、配偶者貸付を利用するには夫の収入証明書や婚姻関係を証明する書類などを提出する必要があり、手続きが非常に複雑なのです。
また、大手消費者金融は配偶者貸付を利用した借入に対応していないため、どうしてもいう場合は中小の消費者金融へ申し込むことになります。
一方、総量規制の対象外となる銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦でも本人の責任で申し込むことができます。
配偶者の同意も必要ありませんし、担保や保証人も不要です。
専業主婦といえど、急にお金が必要になることもあるでしょう。
そんな時、総量規制対象外であることが大きなメリットとなるのです。

5.総量規制対象外ローンの審査について

総量規制の対象外であることで様々なメリットがあるのですが、問題となるのが審査です。
当たり前のことですが、審査に通らなければ融資を受けることができません。
では、総量規制の対象となる借入と、対象外となる借入とで審査にどのような違いがあるのでしょうか?
総量規制対象外であれば専業主婦も借りられるため、「意外に審査が甘いんじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。
ここからは、総量規制対象外のカードローン審査について解説していきます。
審査について不安や疑問を持っている人は是非チェックしてください。

 

5-1.審査は甘い?何を調べられる?

総量規制対象外ということで専業主婦も利用できるとなると、審査が甘いのではないかと思っている人もいるかもしれませんね。
一般的なカードローン審査では融資額が多いほど慎重に調べられますし、金利が低くなるほど審査は厳しくなる傾向にあります。
従って、高限度額・低金利の銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しいと言われます。
ただし、専業主婦の場合は自身に収入がないため、返済能力が低いという点は銀行も十分に理解しています。
そのため、専業主婦の限度額は、大抵10万円〜20万円の間に設定されることが多いようです。
銀行もできれば多くの人に融資をしたいわけですから、専業主婦に対してはある程度審査が甘くなると考えても良いかもしれません。
では、審査で何を調べられるのかというと、住所・氏名・年齢・家族構成などの個人の属性、配偶者の勤務先や雇用形態、年収、勤続年数など収入に関わる点、あとは個人の信用情報です。
このうち、特に重視されるのは信用情報でしょう。
もしも過去に借入したことがあり、大幅な返済の遅延や債務整理の経験がある場合、そういった情報は全て信用情報に記録されていますから、審査には確実に落ちてしまいます。
また、現在他にも借入がある人の場合、一般的に3社以上の借入があると審査に通るのが難しいと言われますから注意が必要です。

 

5-2.収入証明書の提出は必要?

総量規制の対象となる借入の場合では、1社で50万円を超える場合、複数社の借入が合計で100万円を超えるといった場合には収入証明書の提出が必要になります。
収入証明書とは、源泉徴収書や給与明細書など文字通り収入が証明できる書類のことです。
しかし、総量規制対象外の銀行カードローンにはこういった決まりもなく、「借入希望額〇〇万円以下は収入証明不要」という条件に差があります。
100万円以下なら不要というところもあれば、300万円までは収入証明書は不要というところもあり、銀行によって大きな差があります。
総量規制対象外であることで、少額の融資であれば本人確認書類の提出だけで済み、手軽に申込みをして審査を受けられるというメリットがあります。