総量規制対象外 審査 甘い

1.総量規制対象外ってどういうこと?

総量規制対象外というアピールをしているカードローンがありますが、これはどういうことなのでしょうか?
こういったカードローンは、あらかじめ決められた利用限度額内であれば、年収による制限なしで借り入れができるということです。
総量規制とは貸金業者に課せられている貸し付けに関する制限であり、年収の3分の1以上の貸し付けはてきないよう決められています。
しかし、銀行には貸金業法が適用されないため、銀行カードローンは総量規制対象外です。
そのため、銀行カードローンは一つのアピールポイントとして、総量規制外であることを前面に押し出しているわけです。
ただし、総量規制対象外だからといって、いくらでも貸してもらえるわけではありません。
借入には審査がありますから、その結果次第では希望通りの金額が借りられないケースもあります。
このページでは、総量規制対象外のカードローン審査について解説していきます。

 

総量規制対象外 審査 甘い

 

1-1.消費者金融と銀行カードローンは何が違うの?

消費者金融も銀行カードローンも担保や保証人不要であり、個人に対する信用を基にお金を貸すという点では同じです。
ですが総量規制外であるのかどうか、という大きな違いがあります。
そもそも消費者金融業者には貸金業法が適応され、銀行には銀行法が適用されるからです。
また、消費者金融は金利が高い傾向にありますが、審査スピードは銀行カードローンに勝ります。
その他、一般的には消費者金融の方が審査に通りやすく、銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われます。

 

1-2.総量規制対象外のカードローンは専業主婦も借りられるって本当?

総量規制対象外のカードローンが何かと注目される理由として、無職の専業主婦でも利用できる点が挙げられます。
銀行カードローンには「年収の1/3までしか融資できない」という制限がありませんから、収入のない専業主婦にも融資を行うことが可能なのです。
では、専業主婦は銀行カードローンしか利用できないのかと言うと、そうではありません。
実は、配偶者貸付という制度を利用して消費者金融から借入することもできます。
しかし、配偶者貸付には婚姻を証明する書類や収入証明書など提出書類が多く手続きが複雑なため、大手消費者金融はこの制度に対応していないのが現状です。
従って、専業主婦が借入するのであれば、銀行カードローンを選択するのが現実的な方法でしょう。

2.総量規制対象外の審査は甘い?

総量規制対象外のカードローンは審査が甘い、という意識を持っている人が意外と多いのですがそれは間違いです。
銀行カードローンは金利が高い分、比較的審査が厳しいと言えます。
銀行としてもあくまでお金を貸すことには違いはないのですから、しっかりと審査をするに決まっています。
専業主婦の場合は信用情報や配偶者の収入などがチェックされ、融資可能かどうかが判断されます。
ですから、決して審査が特別甘い、というわけでないのです。

 

2-1.専業主婦も審査内容は同じ

専業主婦であろうと審査内容は同じです。
もちろん本人に収入がないということは考慮されるのですが、それ以外は特に一般の申込者と違いはありません。
従って、夫に安定した収入がある専業主婦が申し込んだ場合、重視されるのは申込者本人の信用情報です。
信用情報には、個人の借入履歴や返済の状況などが記録されています。
従って、3社以上の借入があると審査に通るのは難しいでしょう。
また、過去の借入も含めて返済に大幅な遅延がある場合、債務整理などを行ったことがある場合は間違いなく審査には通りません。

 

2-2.審査が甘い!ブラックOK!と謳う業者はヤミ金

まず大前提として知っておいたほうがよいことがあります。
それは一般的なカードローンであれば、「審査が甘い!」とか「ブラックOK!」といった宣伝はしないということです。
電柱などにそういった謳い文句の広告が張ってあるのを見かけることがありますが、まず闇金だと考えて間違いありません。
ですから、審査に通りやすいということを全面に押し出している業者は避けるべきです。
「審査に通るかどうか不安」という気持ちは分かりますが、借入するのであれあば知名度のある銀行カードローンを選びましょう。

3.審査に通るためのポイントをチェック!

お金を借りるという行為は気軽にすべきことではありません。
審査に落ちると信用情報に記録されますし、借入ができてもその後の返済についてしっかり考えなくてはなりません。
しかし、どうしてもお金が必要になってカードローン審査に申し込んだ時、通るためのポイントはいくつかあります。
そのポイントを自覚することによって改善できる点も出てくるのです。
夫の収入などはすぐにどうこうできるところではありませんが、他の部分で注意できるところはあるのです。
例えば申込みという行為一つを見ても色々と考えておくべきことがあるのです。
ここからは、審査通過のために押さえておきたいポイントについて解説します。

 

3-1.申込ブラックを避ける

まず、避けるべき要素として「申込ブラック」があります。
ブラックとは金融信用情報がよくない人のことです。
申込、とついているわけですからなんとなくわかるかもしれませんが端的に言えば色々なカードローン会社に申込みをしすぎている人です。
カードローン会社は指定信用情報機関に情報を得るために問い合わせるのですが、その時に「他にも申込みをしているのか」という情報も得ることができるのです。
その為、複数社に申し込みをしていると、「この人は物凄くお金に困っているのではないか」と認識されてしまい、審査に不利になってしまうことがあります。
従って、申し込むのであれば1社に絞ることをおすすめします。

 

3-2.信用情報に傷があるとNG

信用情報に傷がある人は基本的に貸してもらえないと考えておきましょう。
これは専業主婦であろうとサラリーマンであろうと自営業者であろうと同じです。
では、「信用情報に傷がある」とは具体的にどういう状態なのでしょうか?
簡単に言えば返済の大幅な遅れがあったり、債務整理をしたことがあると金融事故として信用情報に記録されます。
この状態を信用情報に傷があると表現するわけです。
要するに貸す相手としてふさわしくない、リスクが高い人物である、という判断をされやすい情報を持っている人のことを指し、ブラックリストとも言われます。

 

3-3.嘘や間違った申告をしない

申込書に嘘や間違った記入をするのもNGです。
嘘はダメ、という倫理、道義的な問題ではなく、純粋に申告の際に嘘をついた点が貸す相手としてふさわしくないと判断されてしまいます。
よくあるパターンが、夫の収入を高めに申告したり、他社借入を少なく申告したりという嘘です。
銀行カードローンの審査では、こういった点は入念にチェックされますから、嘘をついてもすぐにバレてしまい、融資不可と判断されます。
また、誤記入や記入漏れにも注意が必要です。
審査担当者は申込書に記入された内容に基づいて審査を行いますから、必要事項が確認できない場合、審査が続行できないこともあるのです。
従って、申込書への記入は正直かつ丁寧に行いましょう。

4.総量規制対象外のカードローンを選ぶポイントについて

次に、総量規制対象外のカードローンを選ぶ際のポイントについて解説します。
まず、専業主婦でも利用できるのかどうかをチェックしましょう。
それ以外でポイントとなるのは以下の点です。

 

■銀行口座が必要かどうか
銀行カードローンの中には、利用条件として口座開設を義務付けているものがあります。
仮にその銀行の口座を持っている場合は特に問題ありません。
しかし、持っていない場合は申し込み手続きと同時に口座を開設する必要があり、融資までに1週間程度かかるので注意しましょう。

 

■自動契約機を設置しているかどうか
銀行カードローンの中で自動契約機を設定しているのは、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、新生銀行カードローン レイクといったところでしょうか。
仮に自動契約機を利用できるのであれば、ローンカードの受け取りや契約手続きをその場で行うことができるため、自宅に郵送物が届くことはありません。
家族に内緒で借入したいのに、ローンカードが自宅に送られてきてバレてしまうという事態を避けることができるのです。

 

■ATMの利用手数料
大抵の銀行カードローンは自社ATMの他にコンビニATMなどで借入や返済を行うことができます。
大変便利なサービスなのですが、ATMを利用する際に注意してほしいのが利用手数料です。
大手銀行のカードローンの中にもATMの利用手数料がかかるものがあります。
借入や返済の度に手数料を支払っていると、バカにできない金額になってしまいますから、ATM手数料無料のカードローンを選びましょう。

5.専業主婦でも借りやすいカードローンをご紹介!

総量規制対象外のカードローン審査は、決して甘いものではないということは説明しました。
とはいえ、やはり申し込んだからには審査に通りたいものです。
そこで、審査が甘いというわけではありませんが、専業主婦でも比較的審査に通りやすいと思われる銀行カードローンを2つご紹介します。
それぞれに特徴がありますから、ご自身の希望する条件と照らし合わせた上で、よく検討してみましょう。

 

5-1.即日融資OK!新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクは、元々レイクという消費者金融でした。
それが2011年にレイクの商標を含めて店舗や人員までも新生銀行に譲渡したのです。
そのため、レイクは銀行カードローンとして扱われ、総量規制の対象から外れました。
なぜ専業主婦が審査に通りやすいと考えられるのかと言うと、それは金利の高さです。
レイクの金利は年4.5%〜18.0%と消費者金融と変わらない水準のため、比較的審査が緩いと考えられます。
また、無利息サービスもありますから、「ちょっとだけ借りてすぐ返したい」という人であれば、利息ゼロで借入することも可能です。

 

5-2.auユーザーにおすすめ!じぶん銀行カードローン

auユーザーにおすすめなのが、じぶん銀行じぶんローンです。
じぶん銀行はauと三菱東京UFJ銀行が作ったインターネット専用の銀行で、カードローン事業も行っています。
auユーザーは金利面で優遇を受けることができますし、じぶん銀行の口座を持っていれば即日融資も可能です。
じぶん銀行カードローンも金利が消費者金融と変わらない水準であることから、比較的審査に通りやすいものと思われます。
専業主婦の限度額を30万円までに制限している点からも、返済能力を超えた融資を避け、多くの人に利用してもらいという意思を読み取ることができます。