専業主婦 カードローン 口コミ

1.カードローンを利用している専業主婦の口コミをチェック!

専業主婦でも借り入れができるサービスがカードローンです。
無担保、無保証人で契約できて、借りたお金に使用目的の制限もありません。
次の夫の給料日まで生活費が足りない、お祝い事が続いてお財布がピンチなんていう時にも簡単に申し込みができて、融資を受けることができます。
でも、周りでカードローンを使っている人ってほとんど聞いたことがない、カードローンを使用している人って本当にいるの?と思う人もいるかもしれませんね。
実はたくさんの専業主婦の方が利用しているのですが、みなさん内緒で利用しているので、周りにも言わないだけなのです。
そこで、実際に利用している人の声を集めてみました。

 

専業主婦 口コミ

2.カードローン審査について

急な出費でどこかから借り入れをしたいけれども、気になるのが審査に通るかという点ですよね。
特に収入がない専業主婦は審査でも決して有利な立場ではありませんので、不安に思う人も多いのではないでしょうか。
でも、金融機関も利用してもらった方が金利による収入が得られますので、返済事故や遅延など過去に問題を起こしていない場合には、通ることがほとんどです。
審査も今は最短30分ほどで結果がでるので、数日も数週間も結果をドキドキ待つ必要もありません。
実際に、「専業主婦でもカードローン審査に通った!」という口コミはネットなどで多数見ることできます。
専業主婦でも安心して申し込みができるのが、いまのカードローンなのです。

 

2-1.審査では何を聞かれる?

カードローンの申し込みでは、氏名や年齢、生年月日、住所、連絡先といった基本的な情報に加えて、勤務先や年収、他社での借入額などが聞かれます。
口コミをチェックしてみると、自身に収入がない専業主婦の場合には、配偶者に安定した収入があることが申し込みの条件となりますので、その点も問われるようです。
配偶者の収入証明書などの提出を求められることはありませんが、審査にかかわりますので正確に申告しましょう。
申し込みで申告した内容は、審査によって虚偽の申告がないかが調査されます。
審査に通りやすいようにとウソを書いたり、意図していなかったとしても間違った内容を申告していたりした場合には審査結果に響くので注意しましょう。

 

2-2.審査結果が出るまでの時間は?

以前は、銀行カードローンの審査といえば、消費者金融の審査に比べて遅く、数日から2週間ほど結果が出るまでにかかっていました。
今では銀行によっては申し込んでから最短30分ほどで、電話やメールにて審査結果が知らされ、利便性が向上しています。
審査連絡時間内なら、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなら最短30分、新生銀行カードローンレイクなら最短40分で審査結果が出ます。
これだけ早く審査結果が出ますので、即日融資を受けることも可能です。
実際に、申し込んだ日のうちに借入ができたという口コミも多く見受けられます。
今日すぐにお金を借りたいという場合には、審査が早い銀行、申し込み方法を選びましょう。

3.夫に内緒で借りられる?

自身に収入がない専業主婦は、消費者金融の場合、総量規制の影響で配偶者貸付制度を利用しないと借り入れをすることができません。
配偶者貸付制度とは、自分と配偶者2人分の年収を足した金額の3分の1まで貸し付けをしてもらえる制度のことを言います。
この場合、配偶者の収入証明書や同意書が必要になるので、夫に内緒で借りることは不可能となります。
ただし、銀行カードローンの場合には、総量規制の対象外ですので、収入のない専業主婦も自分の名義だけで契約をすることができます。
夫に同意書などの書類を用意してもらう必要がないので、内緒でお金を借りることが可能です。

 

3-1.在籍確認って本当にないの?

よく、在籍確認の電話のせいで、周りにカードローンを利用していることがバレたという声を聞きますよね。
在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先が正しいか、オペレーターが直接勤務先に電話をして確かめる審査の一つです。
パートなどをしていない専業主婦の場合、どこにも勤めていないので、基本的に在籍確認の電話は省略されます。
実際に専業主婦の口コミを見ると、ほとんどの方が「在籍確認はなかった」と言っています。
一方、、パートをしている場合には、勤務先に電話がかかってきますが、オペレーターは本人以外には決してカードローンのことは話しませんので、これが原因でバレるということはほとんど考えられません

 

3-2.在籍確認以外で注意する点は?

在籍確認の他に、本人確認の電話はかかってくるようです。
申し込み時に申告した携帯電話や自宅固定電話など、本人の連絡先にオペレーターが電話をして、実際に本人と連絡が取れるかが審査されます。
仮に休日で夫がいる時に電話がかかってくるのが不安な場合には、時間を指定して電話してもらうなどの工夫が必要かもしれません。
とはいえ、申し込み手続きだけで本人確認も不要というカードローンもあります。
例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックにテレビ窓口から申し込んだ場合には、申し込みの時点で本人確認が完了しますので、電話での確認は省略されます。
同じく三井住友銀行カードローンでも、ローン契約機を利用した申し込みなら、審査でオペレーターから電話がかかってくることはありません。

4.借入・返済について

カードローンの借り入れは、契約時に発行されるローンカードを使ってATMで借り入れる場合や、ネットなどで手続きをし、口座に振り込みをしてもらう方法などがあります。
銀行によっては、もともとその銀行の口座を持っている場合には、手持ちのキャッシュカードで借り入れできるサービスを提供している場合もあります。
返済方法は、カードローン口座への振り込みや、その銀行の口座をもともと持っている場合には口座引き落としなども利用できる場合があります。
返済日は銀行によってまちまちで、特定の日に限定されている場合や、いくつかの中から選べる場合があります。

 

4-1.金利はどれくらい?利用しすい?

カードローンの金利には数%から十数%と幅が設けられています。
これは、借入額によって設定される金利が変わるからです。
借り入れが多ければ金利は低くなり、借り入れが少なければ金利は高くなります。
専業主婦の場合には、自身の収入が低いので利用限度額が低く設定されます。
従って、基本的には一番高い金利、つまり上限金利になることがほとんどです。
銀行系カードローンの上限金利は13%から15%が相場となっています。
下限金利が数%なので一見高く見えますが、消費者金融系のカードローンは上限金利が18%ほどなので、借り入れ金額の割には低い金利で借り入れることができます。

5.楽天スーパーカードローンの口コミ

楽天銀行が提供している楽天スーパーカードローンは、専業主婦でも取引が最高50万円まで可能の貴重なカードローンです。
大手メガバンクで審査に落ちてしまった人も、楽天スーパーカードローンは審査に通ったという声も多いので、審査は甘いとも言われています。
また、契約すると楽天ポイントがもらえるので、普段楽天市場などを利用する人は楽天スーパーカードローンを選んだという声も聞かれます。
テレビCMで有名で、大きい会社だから、安心して利用できるという点も、楽天を選ぶ大きな要因となっているようです。
楽天の銀行口座を持っていれば24時間365日振込可能なので、1枚持っていると便利なカードローンです。

6.みずほ銀行カードローンの口コミ

みずほ銀行カードローンは、大手の銀行が運営しているということもあって、安心して借り入れできるという意見が多いです。
さらに、このカードローンの特徴が、上限金利が14.0%と低い点です。
借り入れ額が少ない専業主婦は必然的に上限金利が適用されますので、上限金利が低いのは嬉しいポイントです。
また、みずほ銀行は女性専用のみずほMy Wingと呼ばれるカードローンも展開しています。
金利やサービス内容は通常のカードローンと同じで、オペレーターなど対応してくれる人が全て女性なので、安心して利用しやすい点も人気の要因のようです。

7.じぶん銀行カードローンの口コミ

携帯電話会社auのKDDI株式会社と三菱東京UFJ銀行が共同で運営しているじぶん銀行のカードローンです。
多くのネット銀行が口座を持っていないと即日融資が受けられないのに対して、じぶん銀行は口座がなくても即日融資を受けられるのが好評を得ています。
また、auユーザーは金利が優遇されている点も、主婦にとっては魅力的なポイントのようです。
専業主婦の場合には少ないのですが、借り換え利用であれば金利が12.5%ととてもお得な点も人気の要因となっているようですね。
じぶん銀行は、毎月の返済額が少額から行えるので、負担が軽くその点が決め手となって契約する人も多いようです。