総量規制対象外 カードローン 専業主婦

1.カードローンの総量規制とは

総量規制とは、融資額を顧客の年収の3分の1までとする制限のことで、カードローンやキャッシングを受ける際にかかってくる可能性があります。
そのため、無職の人や専業主婦の場合には原則として総量規制がかかってしまう貸金業者から融資を受けることができません。
なお、総量規制は全ての融資に関わっているものではなく、貸金業法を基にして貸付をしている業者にのみかかってきます。
では、どのような金融機関が貸金業法に沿って融資を行っているのか、それ以外の業者はどのような法律の下で融資を行っているのか、についてまずは説明していきます。

 

総量規制とは

 

1-1.銀行法と貸金業法の違い

融資を行う際に関わってくる法律は大きく分けて、銀行法と貸金業法の2つが存在します。
貸金業法は主にノンバンク系業者(消費者金融、信販会社などの総称)から融資を受ける際に関わる法律です。
これに対して、銀行は銀行法という異なる法律の下で貸付をしています。
なお、ここで言う融資とは、学資ローンや自動車ローン、住宅ローン、クレジットカードのキャッシングなどを含んでいます。
銀行法か貸金業法かによってカードローンで利用できる上限額が決まってしまうこともあるため、カードローン選びをする際には銀行系カードローンなのか、あるいはノンバンク系カードローンなのかをしっかりと確認する必要があります。

 

1-2.総量規制対象の消費者金融

消費者金融業者とは、アコムやプロミスといったところを指します。
消費者金融、信販会社などのノンバンク系業者が貸付をする時は貸金業法に沿って行うため、総量規制の対象となります。
後で説明しますが、総量規制があるため専業主婦の場合には配偶者貸付制度を使用する方法以外ではノンバンク系カードローンを利用することができません。
おのずと選択肢は総量規制対象外の金融業者に限定されてしまうでしょう。。
では、貸金業法総量規制対象外の金融機関とは、どのような業者を指すのでしょうか?

 

1-3.総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制の対象外となるのは銀行から融資を受ける場合です。
銀行は銀行法という異なる法律の下で貸付をするため、貸金業法の規制は一切かからず、年収以上の融資を受けることも法的に問題はありません。
学資ローン、自動車ローン、住宅ローンなど様々な融資を銀行はしていますが、場合によっては顧客が数千万円のローンを組むことができるのも総量規制がかからないからです。
とは言っても、銀行側も無条件に高額融資をするほどリスクは背負いたくはないため、顧客一人一人の返済能力に合わせた上限額を設定しています。
特に、専業主婦の場合には自身に収入が無いため一般利用者よりも不利な条件での融資になることもあります。

2.専業主婦が利用できるのはどうして?

さて、銀行は銀行法を、そして消費者金融や信販会社は貸金業法を基にして融資をしていることは理解してもらえたと思います。
年収の無い人や専業主婦であっても、総量規制対象外の銀行系カードローンであれば利用できることも説明しましたが、なぜわざわざ自身に収入が無い専業主婦に対して融資をしてくれるのでしょうか?
専業主婦だからこその面倒くさい手続きがあるのではないか、夫の勤め先への在籍確認電話があるのではないか、など、特にカードローンを初めて利用する専業主婦であれば悩みは尽きないでしょう。
ここからは、銀行側の視点も含めて、なぜ専業主婦であっても融資を受けることができるのかについて説明していきましょう。

 

2-1.総量規制対象外が専業主婦OKの理由

専業主婦が融資をうけることができる条件として、配偶者が働いていて世帯収入が200万円以上あることが挙げられます。
カードローンの契約申し込みをする際に、世帯年収や夫の勤め先などを申告するのですが、これらからカードローンの利用条件を満たしているかどうかが判断されます。
これらの情報は実は、個人信用情報機関が銀行に提供する情報に含まれているため、虚偽の記載をした場合にはすぐにバレてしまいます。
虚偽の記載、誤った情報提供をすると審査に悪影響を及ぼすだけでなく、今後全ての金融審査にも影響してしまう可能性があるため絶対に止めましょう。
なお、年利が高く、利用上限枠が低いなど、カードローンの利用が制限されていてリスクが軽減されているのも専業主婦がカードローンを利用できる理由の一つとなっています。

 

2-2.配偶者貸付で消費者金融も利用可

専業主婦は銀行系カードローンしか利用できないと説明しましたが、これには一つ例外があります。
それが、配偶者貸付という制度で、これを利用することで消費者金融から融資を受けることも可能になります。
ただし、配偶者貸付制度を利用するためには、通常のカードローンへの申込み方法に加えて「配偶者の同意書」、「結婚していることの証明」、「所得証明書、収入証明書」が必要になります。
通常の申請に比べて煩わしさがあり、その性質上夫に内緒でカードローンを利用することができないため、あまり専業主婦に利用されていない制度ではあります。
しかし、もしも使えるのであればカードローンの選択肢が大きく増えるため便利です。

3.銀行カードローンなら安心して借りられる!

専業主婦の場合には銀行系カードローンが主な選択肢になるでしょう。
配偶者貸付制度を利用する手もありますが、特に初めてカードローンを利用するのであれば、やはり専業主婦向け銀行カードローンの方が良いでしょう。
銀行は消費者金融と違い、運営費も潤沢であるため安定して融資を受けることができ安心です。
また、その他にも銀行系カードローンがオススメできる理由があるのですが、それらをここでは紹介していきたいと思います。

 

3-1.低金利だから利用しやすい

銀行系カードローンは、ノンバンク系カードローンと比べて金利が低い傾向が見られます。
例えば、大手消費者金融会社であるアコムは最高金利が18.0%であるのに対し、ソニー銀行カードローンは13.8%です。
金利というのは、主に利用上限額で決まるのですが、大体50万以下の利用枠で制限される専業主婦は上限額で借入をすることになるでしょう。
それでも消費者金融と銀行系カードローンでは上限金利に大きな違いがあるため、やはり銀行系カードローンの方がお得に融資を受けられる可能性があります。

 

3-2.即日融資にも対応

一昔前までは、即日融資に対応しているのはノンバンク系カードローンだけ、というのが通説でしたが、現在では審査の大部分をコンピューターに任せているため銀行系カードローンでもスピーディーな審査が受けられるようになっています。
また、大手消費者金融を保証会社としてカードローンサービスを提供している銀行も多く、これも審査スピードを上げる要因となっています。
カードローンのノウハウを持つ大手消費者金融が審査の一部を担当することで、迅速な審査回答が可能となっているわけですね。
しかし、大抵の銀行系カードローンでは、即日融資を受ける場合の条件として、その銀行に口座を持っている事、申請を午前中に済ませておく、という2つを挙げています。
なお、ネット銀行に関してはどこの銀行口座であっても即日融資を可能としているところもあります。

 

3-3.限度額は低めに設定

専業主婦の場合、世帯収入がどれだけ多かったとしても利用限度額は50万円以下に設定されてしまうことがほとんどです。
一見すると、これはデメリットにしか考えられませんが、逆に考えると借り過ぎを事前に避けることができるためメリットであるとも言えます。
カードローンはその性質上、借り入れを繰り返してしまい、いつまで経っても完済に至らない事が多いです。
最悪の場合、カードローンが原因で破産してしまう人もいるため、これらを未然に防げるのはある意味利点ともなり得ます。

4.審査が甘い総量規制対象外カードローンってある?

基本的に、銀行系カードローンはノンバンク系カードローンよりも審査は厳しい傾向が見られます。
しかし、それでもいくつかの銀行は比較的審査が甘いという評価もされています。
具体的には、楽天銀行スーパーローンとイオン銀行カードローンは、専業主婦であってもカードローンの利用ができ、審査自体も緩めだと言われています。
特に、楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座を持っていて、預金、引き落としなどの取引実績があれば審査には簡単に通るようです。
ただし、自分、あるいは配偶者に自己破産や任意整理といった金融事故歴がある場合には金融審査に通ることはないため注意が必要です。
また、おおっぴらに審査が甘いと謳っている業者の場合、闇金である可能性が高いため、絶対に利用しないよう注意して下さい。