総量規制対象外カードローン

総量規制対象外カードローンってどんなローン?

お金を借りたい時、大きな助けとなってくれるカードローン。利用している人も多いはずです。しかし、一口にカードローンと言っても、総量規制の対象となるもの、ならないものに分類されることをご存じですか?
まずは、総量規制という仕組みについて理解しましょう。

 

そもそも総量規制とは

総量規制とは、個人の借入総額が原則として年収の1/3までに制限される仕組みのこと。貸金業法によって定められており、個人向け貸付が対象となります。
そもそも、総量規制とは返済能力を超えた過剰な借入を防ぐことを目的としており、2010年の改正貸金業法完全施行によって導入されました。従って、消費者金融や信販会社、クレジット会社から年収の1/3を超える借入はできません。
しかし、金融機関からの借入が全て総量規制の対象となるわけではなく、一部対象外となる借入もあるんです。

 

総量規制とは

 

銀行カードローンは総量規制対象外

具体的に、総量規制の対象外となるのは、自動車ローンや住宅ローン、緊急の医療費の借り入れなどです。その他に、実は銀行カードローンも総量規制の対象から外されています。意外に思うかも知れませんが、銀行は銀行法によって運営されているため、貸金業法で定められた総量規制の対象とはならないのです。
では、総量規制対象外の銀行カードローンには、どんなメリットがあるのでしょうか?
まず、年収の1/3を超える借入が可能であることが挙げられます。個人の信用度にもよりますが、場合によっては高額な融資を受けることが可能です。
その他に、収入のない専業主婦が利用できる点もメリットと言えるでしょう。「お金を借りたいけど、専業主婦だから無理」と諦める必要はありません。配偶者に安定した収入があれば、専業主婦も銀行カードローンを利用できるんです。

 

専業主婦におすすめ!総量規制対象外カードローン厳選3社

総量規制対象外とはいえ、全ての銀行カードローンが専業主婦に貸付を行っているわけではありません。そこで、専業主婦が利用できる銀行カードローンの中から、当サイトおすすめの3社をご紹介します!

 

総量規制対象外カードローン おすすめ

 

みずほ銀行カードローンは、申し込みから契約まで全ての手続きがWEB上で完結します!みずほ銀行の普通預金口座を持っていれば申し込みが手続きが楽な上、即日融資も可能です。さらに、メガバンクならではの低金利も魅力の1つ。専業主婦でも利用しやすいカードローンです。

実質年率:3.5%〜14.0%
限度額:1000万円(専業主婦は30万円程度)
審査スピード:最短即日

 

意外かもしれませんが、レイクは新生銀行のカードローンであるため、総量規制対象外なんです。最大の魅力は、何と言っても選べる2つの無利息サービス。5万円までの借入が180日無利息、または30日間の借入全額無利息から選べます。さらに、平日14時にまでの申し込みで即日融資も可能です!

実質年率:4.5%〜18.0%
限度額:500万円
審査スピード:最短即日

 

KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資で運営されているじぶん銀行。ネットバンクのため実店舗はありませんが、提携ATMは全国にあり、安心して利用できます。じぶん銀行の口座開設は不要ですし、最短で即日融資も可!auユーザーへの優遇も魅力の1つです。

実質年率:2.4%〜17.5%
限度額:800万円(専業主婦は30万円程度)
審査スピード:最短即日

カードローン審査に通るためのコツ

初めてカードローンに申し込んだ人、特に専業主婦の方などは審査に不安を感じますよね?自分でも審査に通るのかな?と心配になるのも無理はありません。
しかし、審査に通りたからといって、急に収入を増やす様なことは不可能です。そこで、これだけは守って!という審査のポイントをご紹介します。

 

申告内容は正確に

少しでも自分を良く見せようと、虚偽の申告をするのは絶対NG。審査では個人の信用情報なども詳しく調べられますから、嘘は必ずバレてしまいます。嘘がバレれば、その時点で審査に落とされてしまいます。
また、誤字や脱字にも十分注意が必要です。申告内容が確認できないと、審査落ちの理由となることもありますから、申込書への記入は正確に行いましょう。

 

利用限度額は最小限に

審査の際、利用限度額は必要最小限に抑えましょう。というのも、銀行は確実に返済できる人にしかお金を貸したくありませんから、いきなり高額な融資というのは避けたいものです。従って、希望限度額があまりにも大きい場合は、審査に落とされるケースがあることはをえておいて下さい。
また、専業主婦の場合、初回契約時に借入できる金額は10万円程度というケースがほとんどです。「専業主婦の利用限度額は30万円まで」など制限のあるカードローンもありますから、必要以上に高額な融資を希望するのは避けましょう。

即日融資を受けるためのポイント

銀行カードローンにも、即日融資に対応しているものがいくつかあります。しかし、申し込んだ日のうちに借入するには、いくつか注意すべき点があるのも事実。急いで借りたいという人は、確実にポイントをおさえておきましょう。

 

申し込みは午前中のうちに

即日融資は時間との勝負です。従って、申し込みは可能な限り早い時間にすませましょう。いくら最短即日と謳っているカードローンでも、審査の混み具合によっては、審査回答が翌日以降に持ち越されることもあります。大抵のカードローンは「平日14時までに契約が完了していること」を即日融資の条件としていますから、申し込みは遅くとも午前中にはすませておきましょう。

 

口座開設の有無を必ず確認

銀行カードローンの中には、普通預金口座の開設を利用条件としているものがあります。仮に一から口座を開設するとなると、余計な手続きに時間を取られてしまい、融資が翌日以降に持ち越されることも。そうならないためにも、申し込む銀行カードローンの利用条件を確認しておきましょう。
逆に、口座を持っている銀行がカードローンを提供している場合、口座情報から申込手続きを一部省略できるため、急いでいる時はおすすめです。

 

カード受け取りは自動契約機で

カードローンを利用するためには、借入や返済に使うローンカードを受け取らなくてはいけません。仮に、ローンカードを郵送で受け取るとなると、申し込んだ日にお金を借りることは不可能ですよね?そこで、インターネット等で申し込み、審査回答をもらってから自動契約機へ出向いてローンカードを受け取るのがおすすめです。
申込む際には、自動契約機の有無も確認しておいた方が良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンが専業主婦にピッタリの理由

専業主婦におすすめのカードローンを上で3社紹介しましたが、当サイトの一押しはみずほ銀行カードローン!その理由は3つあります。

 

みずほ銀行カードローン おすすめ

 

メガバンクならではの低金利

専業主婦がお金を借りる場合、通常は上限金利が適用されると考えておいて下さい。みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%ですから、他の銀行カードローンと比較すると最低水準だということが分かります。低金利であれば返済が楽なため、家計を預かる専業主婦にも利用しやすいと言えますね。

 

口座用キャッシュカードが利用できるからバレにくい

みずほ銀行カードローンは普通預金口座用のキャッシュカードをローンカードとしても利用できます。見た目は、普通のキャッシュカードですから、カードを見られても大丈夫。周囲にはカードローンを利用しているとは気付かれません。
専業主婦の場合、夫の同意書や収入証明書不要で申し込みができ、在籍確認もありません。さらに、カードでバレる心配がないので、内緒で借り入れしたい専業主婦にピッタリです。

 

普通預金口座を持っていれば即日融資可能

みずほ銀行カードローンの審査時間は、最短即日です。とはいえ、口座開設が利用の必須条件となっているため、手続きにかかる時間を考えると、即日融資は不可能と言わざるを得ません。しかし、みずほ銀行の普通預金口座を持っている人であれば、余計な手続きを省略して申し込みができるため、融資までが非常にスピーディー!即日融資も十分に可能です。

 

以上が、専業主婦にみずほ銀行カードローンをおすすめする理由です。みずほ銀行の普通預金口座を持っている人はもちろん、そうでない人にもおすすめできるポイントが多数!どのカードローンがいいのかな?と迷っているなら、是非申し込みを検討して下さい。

 

みずほ銀行カードローンについて詳しく見る

 

1.そもそも総量規制とは?

総量規制は、貸金業法という法律で定められていて、貸金業者が個人向けの貸付において、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されるという決まりのことです。
この決まりは、貸金業者の過剰貸し付けを抑制したり、借りる人が多重債務に陥ったりしないよう定められました。
従って、貸金業者は、借入をする人の返済能力を調査するため、契約者の年収を確認します。
その上で、個人信用情報を使って他の貸金業者からの借入残高を調べ、貸し付ける限度額を決めるのです。

 

1-1.総量規制の対象となる借入

全てのローンが裁量規制の対象となるわけではありません。
具体的に、自動車ローンや、住宅ローン、高額療養費の借入、有価証券や不動産を担保とする借入など、これらは裁量規制の対象外となります。
対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社からの借入です。
アコムやプロミスなどの消費者金融のカードローンによる借入や、クレジットカードのキャッシングやリボ払い、ショッピングローンなどが対象となります。
逆に言うと、これら以外は裁量規制の対象外となります。
ちなみに、闇金業者は貸金業者として登録していない貸付業者なので、存在自体が違法です。

 

1-2.銀行カードローンは総量規制対象外

裁量規制の対象となる業者は、消費者金融やクレジットカード会社です。
でもこれらの業者は無担保、保証人不要で融資を受けられ、借りたお金の使い道の規制がない点が便利です。
それに比べて住宅ローンや教育ローンなどは、担保や保証人が必要で審査に時間がかかり、融資を受けるまでに時間がかかります。
また、借り入れたお金の使い道が決められています。
では、裁量規制外で無担保、無保証人で使い道が決められていないローンはないのでしょうか。
実は、銀行のカードローンは裁量規制の対象外でありながら、無担保、無保証人で借りられて、借りたお金を自由に利用することができるのです。

2.総量規制対象外だから専業主婦も借りられる!

個人として収入がない専業主婦も、急な出費があることが多々ありますよね。
でも収入がないので、ローンを諦めているという人もいるのではないでしょうか。
消費者金融は裁量規制の対象となっており、契約者の年収に応じて貸付を行うため、収入がない専業主婦は、申込すらできません。
ただし、裁量規制対象外の銀行カードローンなら、収入がない人でも借入ができるところがあります。
大手銀行の三菱東京UFJ銀行をはじめ東京スター銀行などの有名銀行や自分銀行やイオン銀行などのネット銀行、中にはみずほ銀行などが専業主婦でも融資を受けられる女性専用カードローンサービスも展開しているほどです。

 

2-1.審査で収入証明書の提出は不要

銀行カードローンなら、専業主婦でも自分の名義で契約し、借入を行うことができますので、夫の収入証明書や同意書は必要ありません。
お金のことですから、夫に相談するのは少し気が引けたり、変に心配されたり反対されたりするのがイヤという人も、安心ですね。
ただし、夫に毎月安定した収入があることが条件です。
また、自分自身の収入もないので、収入証明書の提出も求められることはありません。
必要なのは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書のみです。
また、申込自体は、ネットで行えるところが多いので、自分のスマホを使えば夫にバレることもありません。

 

2-2.在籍確認なしで夫にバレない

カードローンを契約する時に心配なのが在籍確認の電話ではないでしょうか。
夫に安定した収入があることが条件ではありますが、夫宛や夫の勤め先宛に在籍確認の電話がかかることは一切ありません。
申し込み方法次第では、電話での確認なしにその日のうちにお金を借りることも可能です。
たとえば三菱東京UFJ銀行バンクイックなら、銀行のテレビ窓口で申し込みからローンカードの発行まで最短40分で行ってくれます。
テレビ窓口での申し込みなので、どこかに勤めているわけではない専業主婦に対しては、電話での在籍確認はありません。

 

2-3.条件を満たせば即日融資も可能

カードローンのメリットの一つが、申込から融資までのスピードです。
銀行ごとに条件は設けられていますが、今では申し込んだその日に融資を受けられるところも増えています
即日融資の条件には、申込時間の締め切りがあったり、申込方法が指定されていたり、申し込む銀行に口座を持っていないといけなかったりといったものがあります。
また振込融資を希望する場合には、銀行の営業時間にも注意しなければなりません。
せっかく即日融資が受けられる条件をクリアしても、いざ融資を受ける段階になったときに、その日の銀行の営業が終わっていたら振込は翌日になってしまいます。

 

3.銀行カードローンのおすすめポイント

銀行カードローンは、専業主婦でも家族にバレずに融資を受けられたり、審査が早く申込当日に融資を受けられるものもある以外にも、たくさんのメリットがあります。
具体的に、消費者金融などと比べて金利が低く設定されてるのはメリットの一つと言えるでしょう。
金利が低ければ、毎月の返済の負担も楽になりますよね。
また、限度額も大きく設定されています。
金利が低く、限度額が大きい、収入がない人でも契約できるなど、銀行カードローンはかなり条件が良い反面、審査が厳しいというデメリットもあります。
ただ、審査といっても過去に金融事故などがなければ通ることがほとんどですので、それほど心配する必要はありません。

 

3-1.低金利だから利用しやすい

銀行カードローンの最大のメリットは、金利が低いという点です。
金利の下限は消費者金融とそれほど変わらないこともあるのですが、上限は比較的差がある場合が多いです。
例えば、消費者金融の上限金利が大抵18%なのに対し、三菱東京UFJ銀行は14.6%、三井住友銀行は14.5%、みずほ銀行は14%です。
金利が4%も違うと、返済額がかなりかわってきますよね。
収入がない専業主婦は、生活資金から返済するお金を捻出しなければならないことが多いので、返済額がちょっとでも少ない方が何より助かるのではないでしょうか。

 

3-2.限度額が大きい

銀行カードローンの限度額は消費者金融と比べてとても大きいです。
アコムやプロミス、アイフルは限度額が500万円に設定されていますが、三井住友銀行は800万円、みずほ銀行は倍の1000万円です。
専業主婦などの収入がない人は、別で限度額が30万円から50万円ほどで設定されていることが多いですが、パートをしていたり、もちろん正社員で勤めていたりする場合には、大口の融資を受けることができます。
そのため、消費者金融からの借り換えや、複数のローンを一つにまとめるおまとめローンにもおすすめです。
借り替えたり、複数のローンをまとめることで、返済総額が少なくなる場合には、限度額が大きいのはとても助かります。

4.審査が甘いと謳うカードローンには要注意!

中には、審査が甘いことを売りにしているところもあります。
どうしても借入が必要で、大手銀行や有名消費者金融で審査に落ちた場合にはしょうがないのかもしれませんが、基本的には手を出さないことをおすすめします。
基本的に、カードローン審査の基準は各社大きな違いはありません。
勤務先や年収、個人信用情報などが調べられ、融資の可否が判断されるのです。
従って、審査が甘いと謳っている業者は、怪しいと言わざるをえません。
法外な金利で貸し付けを行う闇金であったり、詐欺であるケースも多くあります。
こういった業者を見かけても、利用しない方が賢明です。